かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【ちょい節約術】車の定期点検費用を節約する方法

こんにちわ。かつおです。本日は、庶民代表のかつおによる節約小技をご紹介します。自動車関連のネタとなります。自動車保有の方で、自動車のことをあまり詳しくない方は是非、お読みください。

 自動車をお持ちの方なら、ご存知だと思いますが、6ヶ月点検 1年点検の名目で購入後、継続的にカーディーラーから点検案内がきます。一年毎の点検は、法定点検であり、受けざるを得ずめんどくさいながらも、受けておられるのではないでしょうか。なお、6ヶ月点検は任意のもので、ディーラーがお勧めするものです。通勤距離が長い方や、ターボ車などのシビアコンディションでお使いの方は6か月点検も受けた方がいいでしょう。

 

 さて、この点検ですが、実際のところは、ディーラー側の稼ぎである点と、お客様との縁が切れないように継続的に関係を保ち、次の新車に乗り換えていただくためのきっかけづくりである点も考慮しましょう。であるので、点検項目によっては、割高な単価設定なものがあったりと、ぼったくり?と思えるようなものあります。営業マン側がいうことを鵜呑みにしないため、少し知識をもっておくと心強いです。(そもそも自動車を所有すること自体、コストが嵩むにきまってるよ~という突っ込みはお許しください。)

 

 点検の中にはエンジンオイル交換や、タイヤローテーション等、ジャッキアップとか手間がかかるものもあり、それらは意外に作業的に危険であったり、力仕事であるので、任せてもよいと思いますが、中には自分でやった方がよいものもあります。例えば、以下の2項目については自分でやってしまった方が、お得になります。もちろん作業は簡単にでき、時間も数分とお手軽です。
・エアコンフィルター交換(1年に1回程度)
・ワイパーゴム交換(半年に1回程度)

 担当営業マン、あるいはメカニックの人から、「エアコンのフィルターは一年たってるので交換しときましょうか?」とか、「ワイバーゴムが劣化してますね、そろそろ交換しておきましょうか?」と親切そうに、勧められることがあります。この場合、悪いな~とか相手にあまり気を遣わず、NOといいましょう。あるいは、「まだ、気にならないけど念のため、部材販売だけしてもらえる?」と返答をするとよいと思います。なぜなら、これら二項目は、素人でも簡単に変えられるのに、ディーラーで頼むと、ちゃっかり部材代のほかに工賃代も上乗せされてきます。

 

 私自身の過去の経験では、エアコンフィルター交換で、工賃込みで4,000円程度くらい請求されたことがあります。実際のところは、作業自体はダッシュボードのふたを開けて、差し換えるだけの超絶簡単な作業です。Amazonで購入すれば、ディーラが交換品としてよく薦めてくるデンソー製品でも、同じものが半額以下で販売されていました。エンジンオイル交換などの作業を見ていると、作業大変だな~と感じ、工賃も納得感はありますが、フィルター交換作業を見てしまうと、がっかり感が強いです。なお、フィルター交換は車に付属している取扱説明書の中にだいたい説明が記載されておりますので、一度ご覧になってみて下さい。
 
 また、私が利用しているカーディーラーでは、ワイパーゴム交換で500円程度/1本くらいの工賃代が技術料の名のもとにくっついてきました。こっちの作業は、ワイパーブレードからゴム抜いて、差替えるだけ・・・。更に簡単・・・。金額自体は、大した額ではないのですが、割合でみると他の作業にくらべ、なんかぼったくられてる感を強く感じてしまいます。なので、最近私は、Amazonでエアコンフィルターを買い、自分で交換してます。ワイパーゴムも、勧められたときに部材だけ売ってくれとお願いし、自分で交換してます。

 先日、私の勤め先の同僚が、ワイパーゴム交換の仕方わからないと言っていましたが、意外にこの分野のことを知らいない人は知らいないんだなと思い記事にいたしました。結論としては、やっぱり車はお金がかかりますね。持たないで済むなら、持たない方が賢明ですね。ただ、管理人かつおは、車自体が好きなので所有をやめられず困ったものです。極力削れるところは、削って節約なり、投資に回すなりしていこうと思いました。