かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【個別銘柄分析】ザ コカ・コーラ カンパニー(KO)の業績評価

こんにちわ。かつおです。ごきげんいかかがですか。

本日は、前回記事で、P&Gの業績分析をしましたが、今後シリーズでやっていくということを申し上げたので、第2回目は「ザ コカ・コーラ カンパニー(KO)」を取り上げたいと思います。しばらくはダウ構成銘柄を中心にやりたいと思います。グロース株も魅力的で目移りしてしまいがちですが、業績が安定し、株主への還元や高配当な歴史ある銘柄について業績を見ておくことは大事なことだと考えております。安定して配当を出し、配当を再投資にまわせる銘柄は安心して買持ちできると考えます。地味で退屈な値動きになりがちではありますが、日本市場には存在しない魅力的銘柄群だと思います。
 なお、本記事にて掲載されているデータは、米国の証券取引委員会u.s.securities and exchange commissionEDGARにて公開されている、決算情報に基づき管理人にて加工しグラフや表を作成しております。日本でいうところの、金融庁有価証券報告書の公開サイトに近いものです。誰でもデータ閲覧可能です。



1.損益の長期推移について

 はじめに、売上高、営業利益、純利益、営業利益率について、2008年から11期分を見てみます。コカ・コーラ社は12月が本決算となりますので、最新は2017年12月期までの推移を図1に掲載します(参考までに、元データを表1に記載します)。P&Gの時もそうでしたが、リーマンションショック前後でも業績は低下せずに、安定的に一定水準稼いでいるのがわかります。営業利益率についても、現状でははやや低下した傾向がありますが、20%以上です。利益率の高さは評価できるのではないでしょうか、通信系事業者などにも匹敵する利益率です。
 景気が悪くなろうが、コーラ飲みますよね、やっぱり。私はお酒が飲めないので、常に居酒屋でコーラを頼みますが、コーラってそこら中で売ってますよね。山の方に行って休憩所の自販機にコーラを売ってるし、世界中いたるところに浸透しているしブランドも馴染みがあります。実際はコーラだけではなく、広大な販売網や協力なブランド力から、他社が新製品を出してもすぐに駆逐してしまうくらいの勢いがあります。しかも、研究開発費や工場などの投資が必要にはなりますが、利益率の高さからもわかるように原価は実質的には水分なので儲かる体質なのでしょう。

【図1.損益推移グラフ】
KOの損益長期推移と営業利益率推移
















【表1.損益推移データ】
  2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
売上高 28,857 31,944 30,990 35,119 46,542 48,017
営業利益 7,252 8,446 8,231 8,449 10,173 10,779
純利益 5,981 5,807 6,824 11,809 8,584 9,019
営業利益率 25.1% 26.4% 26.6% 24.1% 21.9% 22.4%
  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
売上高 46,854 45,998 44,294 41,863 35,410
営業利益 10,228 9,708 8,728 8,626 7,501
純利益 8,584 7,098 7,351 6,527 1,248
営業利益率 21.8% 21.1% 19.7% 20.6% 21.2%

 景気変動に左右されにくい体質であり、安定的に利益を稼ぎ配当も安定的にでていることから、配当を再投資し続け、ひたすら購入し続けていくと、投資家側としては資産の増大効果を狙えそうです。何よりも、一時的に株価が暴落しても気にせず保有、買い増しができる気になりそうです。実際はその局面では、それなりの胆力がいるでしょうが。ただ、最近では肥満防止などで飲料水に対する規制がアメリカではあったりと、それなりの向かい風要素はあると考えます。でも、赤ラベルコーラは中毒的にうまいですね、ダイエットコークは味薄いですけど。私個人的には、たばこ並みに依存症状態です。

2.フリーキャッシュフローについて

 次にキャッシュフローを図2に掲載します。営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引いた、フリーキャッシュフローの推移を11期分記載しております。また、現預金の期末残高も掲載しております。当然、安定した利益を稼いでいるわけですから、安定した営業キャッシュフローがあることがわかります。投資も、それほど大きな変動あるわけではないのか、2012年を除き一定水準で推移してます。

【図2.フリーキャッシュフロー

KOのキャッシュフローの長期推移















直近の2017年では、勘定科目上で法人税が増加しており純利益が下がっていたこともあり、減少傾向にはありますが、フリーキャッシュフローは潤沢な方ではないでしょうか。企業ですから、年度毎に多少の浮き沈みはあると思いますので許容したいところですが、市場環境や社会の変化などもありますから、今後注意してみていく必要はあるでしょう。

3.バランスシートの状況はどうか

 続いて財務状況について見てみましょう。バランスシート(以下「BS」と表記)ですが、各年度末の状態を時系列で図3に記載します。コカ・コーラ社のBSですが、10年前と比較しやく2倍程度に総資産が増えていますね。2013年度末位を境に総資産規模が減少してきていますが、自己株式の取得をすすめていることもあり、株主資本の部が減少していることが要因として考えられます。これは、ROE向上等の経営効率向上を意識している点と、株主還元に力を入れていることだとも推察されます。
【図3.バランスシート推移】
KOのバランスシートの長期推移




 なお、流動資産の部が増加しているのは、個人的には好印象を持ちます。流動資産の中身の詳細は読み取れ切れませんでしたが、流動負債より多い点は教科書的ではありますがいいなと思います。短期間での換金性が高い資産というのが流動資産と教科書的には言われますので、機動的な経営ができそうだと思います(売掛金がただ多いだけだったらすみません)。重厚長大装置産業等のように固定資産比率が高い業種は、一般的に償却費用が重く利益がでるまでに時間がかかりますので、個人的には敬遠しがちです。固定資産比率の高い業種すべてがダメというわけではありませんが、なんとなく評価額が甘くなりがちで、実態よりも評価額が低いかもしれずいまいち信用できない感じがします。

4.株価はどうだったか

 最後に、過去10年間の株価リターン推移を見てみましょう。図4が推移となりますが、比較先としてS&P500とわれらが日経平均を同時掲載しております。リーマンショック時から掲載しましたが、優良な銘柄といえどやはり大きく下落します。しかしながら、S&P500や日経平均と比べればダメージは浅く、ディフェンシブ銘柄だったなと言えそうです。その後の回復と伸びも順調で、配当再投資を行いひたすら買い続けていたら素晴らしいパフォーマンスを出したのではないでしょうか。余談ですが、日経平均って何なんでしょうね。株価指数としては、欠陥が多いんじゃないでしょうか。銘柄入れ替えがあるとはいえ、よほどのことがない限り指定銘柄から外れないし、足を引っ張る企業が多いのでは。ダメな企業はバッサリとどんどん外していけばいいじゃないでしょうか。JPX400の方がまだ、頻繁に銘柄入れ替えしてるのでましに思えます。

【図4.株価推移】
 [出所:Trading Viewにてチャート作成)]
   Trading Viewでは条件を満たせば
   チャート掲載が許可されています。
KOの株価チャート長期推移画面










5.まとめ

 いかがでしたか?私個人の感想としては、コカ・コーラ社は優良なディフェンシブ銘柄という意見に激しく同意できます。ただし、今の時点ではということで将来の業績はどうなるかわかりませんが。キャピタルゲイン狙いで、グロース株にバンバン投資されるプロや天才の方もいますが、ほんの一握りだと考えます。私のような庶民は、こういう優良な銘柄に投資して、配当を愚直に再投資し続けて株数を増やし続けていくことが、ゆっくりとお金持ちになれる手段だなと思えました。まあ、あくまでも過去の実績を見て言っているだけで、株価はいろいろな思惑で動くので何が正解かは断定できませんが。最後までお読みいただきありがとうございました。投資は自己責任でお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村