かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【実験】革新テーマ型ファンドってどう?eMAXIS Neo(ロボット)をお試し購入。

こんにちわ。かつおです。

三菱UFJ国際投信の「eMAXISシリーズ」に、「eMAXIS Neo」というテーマ型のインデックスファンドがあります。米国のAI企業「Kenshoテクノロジーズ」が開発した株式指数に連動する投資成果を目指すファンドで、しかもAIが自動で銘柄選定を行うそうです。

テーマ型のファンドって、流行りもので誕生しては消えを繰り返し、証券会社の回転売買の代名詞的存在な印象があり、投資ブログ等では低評価を受けていることが多いです。そういうこともあり、実際のところはどうなのか、実験的にごく少額を購入して、今後レポートしていきたいと思います。

eMAXIS Neoで取り扱っているテーマ
eMAXIS Neo」の取り扱いテーマは、2018年11月現在、宇宙開発、ロボット、遺伝子工学の3つで商品ラインナップは以下の通りです。
・eMAXIS Neo 宇宙開発
・eMAXIS Neo ロボット
・eMAXIS Neo 遺伝子工学
そのままのネーミングですね、いかにもキャッチーなネーミングです。


②銘柄選定のプロセスは?
三菱UFJ国際投信によれば、「AIが数百万ページ以上の企業の開示資料等を自動で読み込み、テーマに関連するコトバの有無を基本に銘柄を自動で選び出します。AIだから、銘柄の取りこぼしが少なく、テーマの恩恵を十分に享受することが期待されます。」と説明がなされています。投資対象は、国内外となっております。正直、AIって言葉が入ってるだけで選んじゃうのかしらとやや心配になりますね。自動化されていることにより、低コストで提供するという狙いでしょう。


③気になる手数料は?
さて、気になる手数料ですが、eMAXISシリーズはノーロード方針に従ってか、3つのファンドに購入時手数料や信託財産留保額はありません。また信託報酬は以下の通りで、3つとも同じですね。信託期限は無期限となっています。
【ファンド信託報酬】
「eMAXIS Neo 宇宙開発」年率0.7776%(税抜 年率0.72%)以内
「eMAXIS Neo ロボット」年率0.7776%(税抜 年率0.72%)以内
「eMAXIS Neo 遺伝子工学」年率0.7776%(税抜 年率0.72%)以内
eMAXIS Slimシリーズと比較すると高めな設定です。ただ、一般的なアクティブファンドよりは低価格に設定されています。ちょうど中間的な感じでしょうか。

④どこで買えるか
本シリーズは、SBI証券楽天証券カブドットコム証券、マネックス証券等の主要ネット証券をはじめとした13社(2018年11月24日時点)で取り扱いがあります。ただし、販売会社によっては、取り扱わないファンドがある場合もあるとのことです。詳しくは、各証券会社で確認が必要です。


⑤管理人が実験対象に選んだのは
最後に、管理人が実験購入したファンドは、「eMAXIS Neo ロボット」です。理由としては、なんかロボットが好きだからです。で、購入した金額ですが、1,000円です。すみません、超少額で。

あくまでも、実験購入ですので他でもらった配当金の端数処理として遊びで購入しました。とりあえず、今後は本ファンドパフォーマンスを定期的に報告させていただきたいと思います(ちなみに、休日中に注文をだしたので、まだ約定前です)。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村