かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【経過報告】テーマ型投信の実験状況について(2018年12月末)

こんにちわ。かつおです。
過去記事で、テーマ型投信であるeMAXIS Neo(ロボット) 、iFree NEXT(NASDAQ100インデックス)を超小額でお試し実験することを紹介しましたが、12月末の運用状況を報告します。


なお、eMAXIS Neo(ロボット) 、iFree NEXT(NASDAQ100インデックス)については、過去記事で概要を紹介しておりますので、まだご存知ない方は以下の記事をご覧ください。

 

①2018年12月末の運用結果は?
実験は、楽天ポイントの使い道に困って、eMAXIS Neo(ロボット)を1,000円、iFree NEXT(NASDAQ100インデックス)を409円、11月頃にポイント購入して放置した結果です。この間、特に追加購入とかもしていません。

 

[図1.管理人の楽天証券マイページ抜粋]

テーマ型ファンド運用実績18年12月末


12月は相場がだいぶ荒れていましたので、下落もすごいだろうと思っていましたが、eMAXIS Neo(ロボット)が△12.82%の下落、iFreeNEXT(NASDAQ100インデックス)が7.88%の下落となりました。

やはり、テーマ色の強いeMAXIS Neo(ロボット)はわずか1ヶ月弱で13%近く落ちていますね。1000万円くらい買っていたら、130万近く溶けていたことになります。また、
iFree NEXT(NASDAQ100インデックス)側は、テーマとはいいながらも、米国の新興市場のインデックスに連動するものなので、それほど大きなダメージがなかったようです。

ロボットとかと比べ、テーマ色な薄く、日本で言うならJASDAQマザーズ指数に連動する投信ともいえるので、まだましな感じです。ロボットの方は、テーマ型ということもあり特定の銘柄に偏るため、分散しているようで実は分散されておらず、影響を受けやすいです。

eMAXIS Neo(ロボット)の中身

さて、ロボットについてですが、ファンドの月報(2018年11月)によれば、組入れ上位はアメリカで8割を占めています。次にイスラエルとなっていますが、意外な国が入ってきていますね。それよりも、日本がないのが、何か悲しいものを覚えます。

組入上位10ヶ国 比率
1 アメリ 81.20%
2 イスラエル 6.40%
3 オランダ 4.10%
4 スイス 3.30%
5 イギリス 2.50%
6 スペイン 2.10%


次に、業種別の上位組入れ比率ですが、ヘルスケア機器・サービス、資本財等が上位にきていますね。なんで?って感じがしますね。ロボットとヘルスケアって関連がわかないんですが、AIが選定しているとのことですから、理由はよくわかりません。

組入上位10業種 比率
1 ヘルスケア機器・サービス 37.5%
2 資本財 22.3%
3 医薬品・バイオテクノ・ライフ 18.3%
4 半導体半導体製造装置 10.8%
5 耐久消費財・アパレル 6.0%
6 自動車・自動車部品 1.7%
7 エネルギー 1.7%
8 テクノロジ・ハードウェア・機器 1.3%


最後に、組入れ上位10社ですが、日本人の私にはあまり聞き覚えのない企業が多いように見えるのですが、2位に「IROBOT CORP」が入っていますね。ルンバしか連想できないですが、なんというかよく知っている製品を扱う会社が入ってて安心かも。

組入上位10社 業種 比率
1 OMNICELL INC アメリ ヘルスケア機器・サービス 6.3%
2 IROBOT CORP アメリ 耐久消費財・アパレル 6.0%
3 TRANSENTERIX INC アメリ ヘルスケア機器・サービス 4.6%
4 INTUITIVE SURGICAL INC アメリ ヘルスケア機器・サービス 4.4%
5 BROOKS AUTOMATION INC アメリ 半導体半導体製造装置 4.0%
6 STRYKER CORP アメリ ヘルスケア機器・サービス 3.9%
7 TERADYNE INC アメリ 半導体半導体製造装置 3.8%
8 MAZOR ROBOTICS LTD-SPON ADR イスラエル ヘルスケア機器・サービス 3.8%
9 LINCOLN ELECTRIC HOLDINGS アメリ 資本財 3.7%
10 GLOBUS MEDICAL INC - A アメリ ヘルスケア機器・サービス 3.7%



③まとめ

eMAXIS Neo(ロボット)は、テーマ型インデックスファンドということで、興味を引くものはありますが、中身をよく見てみるとアメリカに偏っていますし、業種もやや偏りがあるという感じがします。これぞ、テーマ型ファンドのお約束ですね、商品名のイメージが先行してつい買いたくなるが、中身を見ると何か違うんじゃないかと思えるところが。

今後もパフォーマンスについてはチェックしながら、定期的に報告していきたいと思います。皆様も、商品名のイメージに惑わされることなく、中身をよく見ていただくよう、お気をつけください。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村