かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

女性と男性で現金への信頼度が違う!?日本のキャッシュレス化が進まないワケ

こんにちわ。かつおです。

最近、なにかとキャッシュレス化が話題となっていますね。中国や韓国だと、スマホ決済がとても進んでいて、日本は先進国なのにかなり遅れているのだとか。

政府も本腰を入れて、キャッシュレス化を推進していくらしいですが、なぜ日本だと進まないんでしょうか?今日は、そんな疑問を持つ人向けの記事です。経済産業省の公開データを基に考えてみました。
(記事中のデータソースはこちら[経済産業省HP])


日本の現状は?
日本における、クレジットカードをはじめとした現金以外での決済比率は18%程度とのことです。インドに負けてますね。韓国、中国はぶっちぎりで高いですね。


1.各国キャッシュレス決済比率









中国は、偽札等も多いことから現金に対する信頼が低いことや、スマホ決済のための仕組みを店舗側が低コストで導入できること等が後押して、急速に普及したと言われています。屋台とかでも、スマホ決済できるそうです。

そういえば、日本でも、アリババグループの「ALPAY」が使える店舗を見かけますね。ドラッグストアやサービスエリアなんかでも、見かけました。なぜ、日本はこんなに普及率が低いんでしょうね。


日本人は現金がやっぱりお好き?
キャッシュレス社会になった方がよいか、ならいない方がよいか、についてのアンケートでは、ならない方が良いと回答した方がわずかに多かったようです。ならいない方が良いと回答した方は、浪費してしまいそう、システムダウン時に弱い等を主な理由として挙げています。


2.キャッシュレス化への全体回答










最近、ソフトバンクの大規模な通信障害があって、各種決済関連の不具合があったことを踏まえると、確かに、そういう不安もあるよなと納得してしまいそうです。

浪費してしまいそうというのは、クレジットカードのように借り入れて買えちゃう場合ですよね、限度額がチャージされたものか、デビットカードのようなすぐに銀行残高から引き落とされるものであればこの心配はなさそうです。


日本人女性は男性より現金派?
同じ質問に対する回答を、女性と男性に分けたものが下図になります。女性の方が、ならない方が良いと回答する割合が高いです。面白い結果ですね、銀行預金ですらデジタル化された残高として管理されているのに、支払い時におけるデジタル化について否定的なのは謎です。

3.キャッシュレス化性別毎の回答









現金を用意するのに、ATMからわざわざ引き出さなければならいことを考えると、面倒くさくはないのでしょうか。余計なお世話かもしれませんが。


若い女性ほど現金派?
さらに、同じ質問の回答を年代・性別毎に分けたものが下図となります。各年代で、女性はならない方がよいとする回答が多いです。

また、高齢になるほど否定的な回答が多いのかと想像していましたが、実は20代、30代、40代の若い世代の方が、否定的な回答割合が高いです。なんか、生々しい回答で、現金に対するこだわり?がとても強いというよりは、キャッシュレスへの不安の方が大きいのかもしれません。割と保守的、慎重な方が多いのではないかと考えます。

4.キャッシュレス化の年代・性別毎の回答










まとめ
気をつけなければならないのは、キャッシュレス化が良いことで、キャッシュレス化が進まないことが悪いことのように語られることが多いですが、どちらも一長一短があるので、どちらが良いとか悪いとかで、片づけられないテーマなことです。

ただ、私個人としては、日本もキャッシュレス化が更に進んだ方が、決済にまつわる無駄が省かれ、利便性もあがるので賛成です。ATMで、並んで現金を引き出すのが面倒です。
日本でキャッシュレス化を推し進めるには、否定意見を持つ方が不安に思っていることに対して、丁寧に説明や不安を取り除く対策を用意していくことが必要ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村