かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

テーマ型インデックスファンドが増えていますが、購入前に中身をよく調べて検討しましょう

こんにちわ。かつおです。

昨年秋くらいから、テーマ型のインデックスファンドが新規設定されているのを、ちらほら見かけるようになりました。AI、ロボット、ナノテク、遺伝子工学等の革新的なテーマを取り扱うものです。

昔のテーマ型ファンドと違って、テーマに沿った株価指数に連動するところが特徴で、テーマ型ではあるけれど、インデックスファンドの性質をもつものです。なので、一昔前のテーマ型ファンドと比べると、信託報酬は低めに抑えられています。また中には、その指数の銘柄選定はAIが行うものもあるそうです。

今日は、テーマ型は惹かれるものがありますが、「中身をよく見てから買いましょう」という主張の記事です。

本日登場いただくのは、三井住友トラスト・アセットマネジメントの「SMT MIRAIndex ロボ」です。SMTと言えば、SMTインデックスシリーズが割と有名だと思いますが、その派生シリーズとして立ち上げられたようです。


SMT MIRAIndexシリーズとは?

三井住友トラスト・アセットマネジメントのホームページによれば、SMT MIRAIndexシリーズのコンセプトは、
イノベーション(技術⾰新)により世の中を⼤きく変化させうる未来テーマへフォーカス
②国内最⼤級の運⽤資産規模を⽀える⻑年の運⽤スキルに基づいた厳選インデックス
③インデックスファンドならではの低コスト運⽤
だそうです。


個人投資家が運用しているポートフォリオに、サブ的に組れてもらうために用意された商品らしいです。2018年1月5日現在では、「SMT MIRAIndex ロボ」が一本運用されています。

ちなみに、他社も同じような動きがあり、革新テーマ型のインデックスファンドシリーズが立ち上がっていますが、業界の中で流行しているのでしょうか?


SMT MIRAIndex ロボとは?
本ファンドの紹介ページによれば、「日本を含む世界各国の金融商品取引所等に上場している株式(預託証券(DR)含む。)を主要投資対象として、FactSet Global Robotics & Automation Index(税引後配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。」とあります。

購入時手数料は、販売会社で上限を3%(税別)として定めることが可能とあり、信託報酬は年率0.7%(税別)で、信託財産留保額はないとのこと。少し高いですね。


【連動する指数について※引用元:三井住友トラスト・アセットマネジメントHPより一部抜粋】
FactSet Global Robotics & Automation Indexは、FactSet UK Limited が開発したカスタム指数で、世界のロボット関連企業の中から、売上総利益÷総資産の原則上位50銘柄で構成される指数です。ロボット関連企業とは、売上の50%超がロボット関連事業(オートメーション関連事業を含みます。)から得ている企業をいいます。

同ファンドのホームページで情報を読んでるだけで、なんか儲かりそうな気がしてくるから、テーマ型ファンドはマーケティング的には、訴求力がありますね。でも、ここで何となく購入してしまいそうになるのをぐっとこらえて、ファンドの特色ページや月次レポートなどから具体的に何に投資しているかをしっかり見てやる必要があります。


具体的にはどこに投資している?
SMT MIRAIndex ロボの連動対象インデックスの中身ですが、2018年7月末時点の国別・地域別上位5か国は、アメリカ(73.5%)、フランス(4.7%)、韓国(4.2%)、中国(4.2%)、アルゼンチン(3.4%)だそうです。ほとんどアメリカじゃんとツッコミを入れたくなるのとともに、日本がない寂しさを覚えます。


次に、投資対象となっている企業の上位10社は下表のとおりです。
順位 企業名 構成比 業種 地域
1 アルファベット 5.5% ソフトウェア・サービス 米国
2 インチュイティブサージカル 5.4% ヘルスケア機器・サービス 米国
3 アマゾン・ドット・コム 5.4% 小売 米国
4 セールスフォース・ドットコム 5.2% ソフトウェア・サービス 米国
5 ロックウェル・オートメーション 5.1% 資本財 米国
6 エマソン・エレクトリック 4.9% 資本財 米国
7 エヌビディア 4.8% 半導体半導体製造装置 米国
8 ダッソー・システムズ 4.7% ソフトウェア・サービス フランス
9 オートデスク 4.7% ソフトウェア・サービス 米国
10 ザイリンクス 4.6% 半導体半導体製造装置 米国


アルファベットといえばグーグル、アマゾン、セールスフォース、エヌビディアと有名どころが並んでますけど、いっとき流行ったイケてるグロース株じゃね?とツッコミをいれたくなりました。

ロボっていうから、もっとベンチャーな先入観をもってたのですが、もう上昇しきってる感のある銘柄のような気が・・・・。また、素人でも思い浮かびそうな企業だけど・・・・。などの疑問が生じました。

エヌビディアは、半導体、パソコンのグラフィックボードとか有名ですけど、セールスフォースってクラウド型のシステムで、私の勤務先もセールス・顧客管理のシステムとして導入してますが、ロボ感ないですよ。しかも、使いづらいし。

「SMT MIRAIndex ロボ」のロボって、何ですかね????ネーミングに騙されたのか、私の知識が狭いのかわかりませんが、誰か教えていただきたいです。まだ、eMAXIS neoロボの方が、AIが銘柄選定した株価指数に連動するといっているので、ロボ感あるのですが、このSMT MIRAIndex シリーズって先行き不安な感じがします。

まとめ
テーマ型のインデックスが最近流行りだしてはいますが、中身を慎重に見てから判断していただければと思います。各社が似たような革新テーマのファンドを設定してますが、中身が大分異なりそうなので、くれぐれもご注意ください。

また、購入者側がよく勉強していないと、イメージから先入観を勝手に抱きやすいのが、テーマ型ファンドの怖いところです。投資初心者の方で、テーマ型を購入しようと考えている方は、慎重にご判断ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。投資は自己責任で。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村