かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

日本の人口減少は外国人労働者が救世主かも!将来の日本は意外と明るい?!

こんにちわ。かつおです。
3連休を利用して、岐阜県と長野県の山奥にある秘湯温泉街に行ってきました。そこで出会った外国人労働者の方々の働く姿を拝見し、日本は人口減少といいますが外国人労働者の方が増えているから、意外に日本経済の将来って明るいんじゃない?と感じたので記事にします。

政府も外国人労働者の増加を政策の一つに据えていますし、規制緩和を進めています。日本国内でも外国人労働者の方を、見かける機会があきらかに多くなっていると感じます。外国人労働者の増加という点が、将来の日本経済の下支えになるのではと期待しています。


外国人労働者は本当に増えている?
厚生労働省の発表しているデータによると、2008年と比べ2017年は2倍以上になっており、48万人から127万人へ増加しています。10年近くでこれほど増加しているのには驚きですね。どうりで、山奥の旅館の仲居さんやフロントスタフッフの方も、外国人だったのにも納得です。


3.外国人労働者数推移

東京や愛知県が、外国人労働者数が多いとのことですが、地方の観光地にまでその勤労エリアが広がっていることを踏まえると、今後もこの流れは加速するんじゃないでしょうか。労働人口の減少カバーになってくるのでは。

ちなみに、私が宿泊した旅館とホテルで対応してくれた従業員の方は、ほぼ外国人の方でした。部屋への案内、食事の給仕とかほぼすべて!しかも、私より日本語がうまい!(笑)。こりゃ、将来はAIに職を奪われるより先に、外国人の優秀な労働者の方に職を奪われそうです。

②どの国からの流入が増えている?
日本へはどの国の方が来ているのか気になりますよね?同じく、厚生労働省のデータを加工したものを記載します。一番は、やはり中国からが多いのは確かですが、ここ最近では、ベトナム、フィリピン、ネパールから増加しているのが分かります。
4.国籍別外国人労働者数推移
















製造業や、サービス業への就業が多いとのこと。世界の新興国から見ると、日本は働き口としてはまだ魅力があるようです。今後は、外国人労働者の方がより働きやすい環境になるよう、各種の規制緩和などに取り組んでいけば、世界の労働市場における日本の魅力が高まるのでは。

ただ、心配な点としては、文化の違いによるコミュニケーションのすれ違いとか、治安の問題とか心よく思われない日本人の方もいる点でしょう。そのような反対意見を持つ方への理解を得ながら進めていくとが重要ですね。

③まとめ
いかがでしたでしょうか?外国人労働者の方が増えているのは事実ですし、今後もその流れは継続しそうです。多様な国籍や意見を受け入れることで、外国人労働者の方と日本人労働者の方とでシナジーを出していくことができれば、日本の将来もそう捨てたものではないと思うのですが、甘い考えですかねえ。でも、仮に職場に異なる文化の人がいた方が、多様性が生まれて新しい発想が生まれそうなきがするんですよね。

以下は旅行のおまけです。興味のある方だけお読みください。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


【おまけ】

温泉旅行ということで、周りになにもなく近くの牧場にいったのですが、マイナス10℃近くあったせいか、お馬さんも人も何もいませんでした。雪と広大な平原だけ

[長野県のとある山奥の牧場]
1.長野県の山奥牧場


しかたないので、愛車の記念写真をしました。こいつは、2013年以降のアベノミクスでの戦利品です。クルマが好きなので、投資しててだいぶ利益がのっていたので、浮かれて数百万ほど換金し購入してしまいました。なので、今は投資総額が少なくなっています。いけませんね、老後を見据えた資産形成ができていません。
2.長野の山奥牧場で愛車と

ちなみに、こいつの実燃費は平均5km/Lくらいです。カタログ燃費が8km/Lです。ガソリンをよく食らい、ガソリンタンクは87Lあります。よほどの車好きでない限り、絶対買ってはいけない車です。悪路走破性とか、頑丈さがウリですけど、日本ではまず活かせる機会はないでしょう。

でも、投資をしていたからこそ好きな車も買えたのかなと思っています。やっぱり、投資は重要だと感じます。20代くらいの方は、老後に備えようと言ってもピンと来ないと思うので、好きなものが買えるように投資しようといった方が、始める動機づけになるかもしれませんね。結果として、それが結婚資金とか、住宅資金とか、教育資金とかの流れにつながっていけばいいわけですから。