かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

公的年金運用が過去最大の14兆円マイナスだから大変?よくあることなので心配無用な件

こんにちわ。かつおです。

公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIFと記載)」が、2018年10~12月期の運用実績を発表し、14兆8,039億円の赤字というニュースが出ています。

投資に詳しい方々からすると、またメディアが煽りたくてこの手の話を伝えてるよと、冷めた目でニュースを聞いておられたのではないかと察します。

投資初心者の方や未経験の方が、テレビ等のメディアが伝えるこのニュースについて誤解しないように、解説したいと思い記事にします。

GPIFのこれまでの累積収益

 

今回のニュースは、2018年第3四半期(10月~12月)の3か月分だけの話です。この期間、株式市場は全体的に不調でしたから、マイナス損益になるのは当たり前といえば当たり前です。

毎期、プラスリターンを出すことはほぼ無理な話です。確かに額としては過去最高かもしれませんが、2001年以降、マイナスリターンとなった期は何回かあります。


[図1]
1.GPIF運用収益グラフ












また、GPIFが市場で運用すること自体に対して、ギャンブルでけしからんというような指摘を受けることがありますが、これまで累積収益額は+56.7兆円に及んでおり成果を上げています。何もしなければこの利益は存在しません。

それに、年金を市場で運用するのは世界的にも普通のことです。株式投資がギャンブルと考えられてしまうのは、日本人がバブルで手痛い損害を受けたことが尾を引きずっているのかもれません。

株式会社に勤める人が多い中、株式をギャンブルって考えるのは変ですよね。投資家がリスクを負って出資してくれたお金を元手に、会社は事業を行い社会に必要なモノやサービスを提供し、対価としての利益を受け取っているわけですし。

ポートフォリオ変更したから悪いみたいな風潮

 

GPIFでは、2014年10月に基本ポートフォリオの変更を決定し、国内株式25%、外国株式25%、国内債券35%、国債券15%と株式比率を高めました。

このことをもって、当時は批判を受けていました。株式比率を高めたといっても、株式50%、債券50%となっており、それほどリスクが高いポートフォリオと言えないです。初心者向けのバランスファンドと大差ない配分だと思います。

ポートフォリオ変更後の累積収益を図2に記載します。+5.9兆円となっており、まだマイナスにはなっていません。それに第3四半期の損が14.8兆円と大きく煽られていましたが、2018年の4-12月の累計収益は△6.7兆円で、△4.3%程度の損失です。

[図2]
2.GPIF運用収益推移








ポートフォリオ変更したことが悪いというのは、まだ早いと感じます。むしろ、株式50%と債券50%という絶妙な比率だからこそ、荒れ相場でマイナス14兆円で済んだのだと思います。しかも、債券は国内債券が35%という配分が、下落クッションとして大きく作用していると思います。

まとめ

 

公的年金運用は、終わりのない長期投資だと思います。そのため、市場に居続ける以上、今後も同じような下落に何度も見舞われるはずです。そのたびに、ニュースで取り上げられて批判を受けることも想像に難くないです。

なので、そういったニュースがあっても、冷静に受け止めていただければと思います。GPIFの運用方針やこれまでの実績は、公開されているレポート等をよく読めば、どういう状況かわかりますので。

そういえば、少し前に国会議員さんによる「消えた年金5兆円追及チーム」というのがありましたね。最近はすっかり見かけませんが、もしかしたら復活するかもしれませんね。


関連記事はこちらをどうぞ。
【分析】GPIFのポートフォリオ変更を検証してみました!やっぱり長期投資のお手本か⁉


 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村