かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

投資未経験の20代の方は1万円積立投資をはじるのがおすすめ

こんにちわ。かつおです。


今日は、投資をしたことのない20代の方に向けた記事です。少額でもいいから、早く投資をはじめるとよいという内容です。

日本では、投資をしたことがない人の方がまだ多く、投資をしている人といえば、高齢者の方とかお金持ちの方がするものとのイメージが強いんじゃないでしょうか。

でも、これからは高齢化社会や人口減少と言われていますし、若い世代ほど社会保障費の負担が増えたりと厳しい将来が待ち構えていると言われているので、何かしら準備しておきたいところです。

若い時は、自由なお金があるとついつい浪費しがちな環境にあると思います。管理人も、飲み会やら遊びやらで自由に使って、20代のころはお金に無頓着で散財してました。今思えば、あのころから投資してたらよかったなといつも悔やまれます。

私も親からは無駄遣いはやめて、将来に向けてちゃんとお金の準備しとけと言われてましたが、定期預金とかぐらいしか連想できませんでした。しかも、連想しただけで、貯金の癖をつけるとかそんなことは一切やっておりませんでしたが。

若い時は、お金を貯める習慣をつけづらいと思うので、まずは仕組みをつくることから始めてみましょう。仕組みと言っても簡単で、銀行引落で毎月1万円で積立投資を設定することです。

若い方ならネット証券がいいと思います。SBI証券とか楽天証券などの大手ネット証券あたりがいいでしょう。オンラインですべて完結できます。

また、定期預金とか積立預金でなくて、投資を勧める理由としては、預金では金利は低く、物価上昇いわゆるインフレに弱いからです。

若い時からはじめれば、投資による複利効果が期待できることと、長期間じっくりと腰を据えて投資することができます。相場のアップダウンがあっても、長期的には世界経済の成長の恩恵をうける投資をしていれば、利益を得られる可能性が高いと思います。
日本は低成長ですが、世界経済全体は緩やかに成長しています。日本に住んでいると、高齢化とか人口減少とかあまり明るい話を聞きませんが、世界全体では人口増加傾向で経済成長をしているのです。

さらに、定期的に積み立てることで、ドル・コスト平均法の効果を得られる可能性も高いです。相場は常に変動していますから、平均購入単価を引き下げる効果があります。

1万円での投資なら、あまり負担感は少なく無理のない金額だと思います。でも、コツコツ続ければ10年で120万円程の元本になります。価格変動等のリスクに慣れるのには、ちょうどよい金額ではないでしょうか。あまりに高額ですと、ドキドキしちゃうでしょう。

30代ぐらいになって収入も増えてきたら、本格的に投資額を上げていくという流れも作ることができます。助走期間としても最適だと思います。

今は、非課税制度としてのつみたてNISAがありますし、良質で低コストな投資信託も販売されていますから、これらを活用しない手はないです。1本で世界全体の株式に分散投資できる投資信託もあります。また、株式や債券を一定比率で運用するバランス型の投資信託もあり、ほったらかしにできるものもあります。三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズあたりが商品的にはおすすめです。

投資をはじめる環境としては、制度や商品面で10年前と比べて格段によくなっています。昔は、コストの高い投資信託が多かったです。

30代、40代と歳を重ねるにつれ新しいことをしようとするのは何かと億劫になるので、ぜひ若い方は、1万円でもよいから投資を始めてみることをおすすめします。投資をはじめると、経済の動きに敏感になり違った景色が見えてきます。単にお金儲け以上の経験を積むことができ、金融リテラシーが向上します。場合によっては、本業の仕事にも役立つかもしれません。


最後までお読みいただきありがとうございました。
投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村