かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

どこの銀行の預金金利がお得か探すのなんて止めませんか?投資しよう!

こんにちわ。かつおです。

今日はは、日本は超低金利なので、預金金利が高い銀行を探すのなんて無理だから、そんなことより投資しましょうというお話です。

比較的金利が良いと言われるネット銀行でも、普通金利で0.01%、優遇金利でも0.1%から0.2%といった金利です。確かに店舗型の既存銀行と比べ高いかもしれませんが、ほとんど検討に値にしないレベルの金利です。

そんな程度の金利だと、いくら複利で利息がつくとしてもたかが知れているので検討する時間がもったいないと思います。金利が少しでも高い方が、低いよりはましといった感じですが、どうせ気にするなら借り入れ金利の方に敏感になった方がよいです。



①なぜ時間の無駄といえるのか


ざっくりですが、金利が良いと言われるネット銀行の金利で、100万円を30年間預けた場合の利息計算をしてみます。複利計算として、税金は引かれず利息は元本に繰り入られ続けるとします。

結果は下表のとおりです。


期間 預入金利 元本 元本+利息 利息相当
30年 0.01% 1,000,000 1,005,760 5,760
30年 0.10% 1,000,000 1,030,242 30,242
30年 0.20% 1,000,000 1,061,406 61,582
30年 4.00% 1,000,000 3,243,438 2,243,438



楽天銀行などでよくある0.1%の金利で、税金が引かれないとしてもたった3万円程度の利息です。30年間もの月日を使ってこの程度では資金効率が悪いです。30年もの間で物価上昇などがあれば、実際には大した価値はないでしょう。

逆に全世界株式のリターンは概ね4%ぐらいと言われていますから、4%の複利計算だと200万円を超えるリターンが得られる可能性があります。

現金が大好き、預金大好きなのはいいですが、今の日本の低金利下では資産を大きく増やせる可能性は低いです。せっかくの時間を無駄にしていると言えます。

私も、以前は金利が高い銀行を探したりしてましたが、冷静に計算してみたところ馬鹿らしくなり、預金はメガバンクのままでいいやと割り切りました。そんなことより投資先の検討に時間を割くようになりました。


②現金は大事、でも少しは投資に振り向けよう


株式等のリスク資産は価格変動リスクがありますから、必ず期待通りのリターンが出るわけではありません。なので、現金をある程度保有しておくことはとても大事なことです。

ですが、現金だけ保有していては、大きく資産を成長させることはできませんし、物価上昇などに対して無防備な状態です。

なので、投資に振り向けていくことがとても大事です。投資に絶対はありませんが、過去の歴史を振り返れば、株価は下落する時もありますが、全世界株式やダウ、S&P500といった株価指数は右肩上がりで続いています。

ちゃんとした市場に資金を投じることで、世界経済の成長の恩恵を受けられる可能性があります。一部、日本のように低成長な市場もありますので注意は必要ですが。

コンマ以下を争う、銀行預金の金利に血眼になって力を注ぐのは時間がもったいないです。それよりも、投資に時間をかけた方が良い結果を生む可能性が高まります。


③投資を始めるならまずは少額から


投資未経験の場合、いきなり大金をつぎ込むのは危険なのでやめましょう。できれば、低コストなインデックスファンドで、世界に分散投資できるものからはじめるとよいです。三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim全世界株式」ファンド等が一例として挙げられます。

または、個別株投資の楽しさや厳しさを体験したいのなら、少額から個別株投資ができるスマホ証券のワンタップバイもおすすめです。

03カラー・横揃え・白背景






ワンタップバイは、1,000円単位から買付ができる仕組みがあり、少額で株を買うことができます。しかも、今後の成長が期待できる米国株を手軽に買うことができます。少額なので、手に汗かかない自分サイズの投資ができます。


ちなみに、以下は購入画面のサンプル画面です。「あなたは経営者よりパワーをもちました」という表現がセンスありますね。株主になった感をしみじみと感じられる瞬間です。

購入完了



























ワンタップバイはスマホですべて完結できてしまうのがメリット大ですね。若い方にはすんなりと馴染めてしまうのではないでしょうか。


④まとめ


定期預金の金利はどこも似たりよったりですから、血眼になって探すより、ある程度割り切ってしまった方がよいです。その時間を、投資にを割いた方が資産を成長させる上では大事だと考えます。

ただ、投資をする場合でもリスクコントロールのため、キャッシュポジションはとても大事なので、現金をまったく持たなくてよいということではありません。ちゃんと現金を貯金しておくことも大事です。

投資をはじめていない方は、ご自身のリスク許容度の範囲を見極めるためにも、まずは少額から始めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。
投資は自己責任でお願いします。


ワンタップバイを詳しく知りたい方はこちら


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング