かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【祝】つみたてNISAが100万口座を突破!金融庁にもっとがんばってほしい件

.htmlこんにちわ。かつおです。

金融庁の2月13日発表にによると、つみたてNISAの口座開設数が2018年12月末に100万口座を突破したそうです。

大変喜ばしいことだと思いますので、記事にしました。


①NISA毎の開設状況は?
 

一般NISAが当然のことながら、いちばん開設数が多いです。つみたてNISAが100万口座を超えましたが、まだ少ないです。でも、2018年1月から1年とすれば、ペース的には早いといえそうですね。

[出所]金融庁HPより 2018年12月末時点
1.つみたてNISA開設数2018年12月末



今後、20代や30代の人たちが参加してきてくれるとおもしろくなってくると思います。

 
投資普及が日本は、欧米とくらべて進んでいませんが、つみたてNISAがきっかけで裾野が広がってくることが期待できそうです。

これまで行われてきた国の政策のなかでは、このつみたてNISAってまともな取り組みだと言えます。
 
ただ惜しいのは、それでもまだこういうメリットある制度を知らない人や利用してない人が多いのも事実です。
 
金融庁さんはには、もっと普及に力を入れるため、がんばってほしいですね。
 
いっそのこと、年間40万円の壁を緩和してくれたり、20年といわず恒久化して欲しいです。そうすれば、もっと普及するんじゃないでしょうか。


②口座別の買付額は?

口座別の金額を見ますと、つみたてNISAは927億円とまずまずの出だしです。年間40万円ですから仕方ないですね。
 
最長20年間の非課税期間で800万円まで投資できますから、口座開設者数の増加と時間の経過とともに増えていくかもしれません。

[出所]金融庁HPより 2018年12月末時点
2.NISA口座開設状況2018年12月末金額



つみたてNISAもジュニアNISAも統合したらいいんじゃないでしょうか。ジュニアNISAは、途中引き出しできないとか制限が多く、不便です。
 
私は、子供の名義でセゾン投信を積み立てていますが、特定口座にしています。子供のための支出として、途中で資金を使うかもしれないからです。サラリーマン家庭からすると、そういう資金ニーズがでるかもしれません。
 
生活者ニーズにこたえる仕組みに改善してくれると助かります。
 
③まとめ
 
国がこれほどのボーナス制度を用意してくれている傍らで、投資を未だにしてない人がいるのはもったいない話です。
 
まだ利用してない方は、是非活用してみてください。消費増税とか、ネガティブな話ばかり多いですが、ちゃんとこういう制度も用意されているので、使わない手はないです。

節税なども、そうですが国の制度は申告主義なものが多く、黙ってる人に自発的に教えてくれるほど親切じゃないです。

なので、日頃から情報収集が大切だなと思いました。


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング