かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

日本の年収分布をみて僕達サラリーマンはつらいと感じた件


こんにちわ。かつおです。

サラリーマンの方は、そろそろ昇給や昇格の時期ですよね。管理人かつおも、サラリーマンですのでそんな時期です。

そこで、世間様の年収ってどんなものか気になったので記事にします。
国税庁が発表している平均年収の分布を参考にしております。

皆どれくらいの給料をもらってる?


年収が高いという時、人それぞれ感じ方がちがうと思いますので、どこからが高いと一概には言えませんが、同僚と話していると年収1,000万円あたりがサラリーマンにとって憧れだな~という声をよく聞きます。

でも、そのような方ってどれぐらいいらっしゃるかと調べたところ、年収1,000万円を超える人って4%程度です。とても少ないですね。どうりで憧れの声をよく聞くわけです。


年収分布割合






















また、実際には400万円以下の割合が過半数を超えています。500万円とか600万円でも上位の方に位置しています。

女性から男性に対する結婚相手の条件として、年収600万くらいが普通とか言われてしまうと、なかなかつらいです。

逆に言えば、女性からしても、そういうお相手を見つけるのは難易度が高くなりそうです。そういう人が少ないので。



給与って中々上がらなくてつらい



日本企業の内部留保は過去最高というのをよく聞きますが、積極的に設備投資したりせずにただため込む企業があるのも事実です。私の勤務先はため込み派です。

将来の不足の事態やリスクに備えて、財務体質を厚くしておきたい経営者の不安もわからなくもないですが、何もしないなら私たちサラリーマンにも還元してほしいものと常々感じます。

でも、そこは資本の論理で、労働者側である以上、どうしても後回しにされがちです。後回しにされるぐらいならいいですけど、何もしてもらえないこともあるからつらいです。

従業員を、人材というより人財と考えてくれる企業や経営者が増えると、日本企業ももっと本質的に強くなれるんじゃないかと思います。当然、従業員側もがんばらないといけないですけど。

少なくとも現時点では、年収分布を見る限り、年収が上の方になるのは狭き門であることは間違いなさそうです。

出世しないと給料があがらないけど、出世競争とかホントつらい




今ある制度を有効活用して備える


給与は上がりにくい、社会保障費はふえるわ、消費税は増えるとか、私たちサラリーマンにとっては、今はあまり優しくない環境です。

しっかり働くだけでなく、節約と貯蓄にはげみ、投資をして、地道に資産形成していくことがとりあえずできる対策かなと感じます。

自己投資して自分のスキルを磨くことも必要ですけど、それも中々つらいですよね。管理人かつおは三日坊主なので、そういうのはできないです。


つみたてNISA等、国も自助努力を支援する制度を用意してくれていますので、それらを活用して備えていきたいなとつくづく感じた次第です。

なお、投資にリスクはつきものですので、自身のリスク許容度を把握し、腹落ちする投資スタイルを採用することが重要です。



最後までお読みいただきありがとうございました。
投資は自己責任でお願いします。


にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村