かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

若者の「~離れ」って言うけど、今の若者は堅実で賢いからじゃないの?と思う件

 こんにちわ。かつおです。

若者の「クルマ離れ」とか、「お酒離れ」とか、何々離れという言葉を聞くようになって久しいと思います。そこで、今後の投資アイデアに生かせないかと、若者の動向をちょっと考察してみました。

ここでいう若者は、20歳~30歳未満くらいまでを想定した内容です。管理人かつおは、40代ですので若者サイドではないです。

単純に社会構造の変化もあるとは思うんですけど、今の中高年の若い頃よりも、今の若者は堅実で賢い人が多いから、そういう現象が起きてるんじゃないの?という推測です

※あくまでも、管理人個人の見解・主観です。気楽にお読みください。

f:id:katsuo-toshi:20190519145644p:plain

~離れという言葉に感じる違和感


管理人かつおは、この何々離れという言葉に違和感を覚えています。例えば「クルマ離れ」という言葉もそうです。

僕らの世代からすると、確かにクルマを所有することが多いですけど、絶対持たなきゃいけないものではないですし、税金やらなんやらとやたらと維持費がかかります。

また、都心部など公共交通機関が発達している所では必ずしも必要ではなく、むしろお金がかかるだけの無用の長物です。

金持ち父さん的な表現を借りれば、持つだけでコストがかかり、お金を生み出さない単なる負債です。

また、僕ら世代目線で言えば「若者のクルマ離れ」ですけど、裏返して若者目線でいうと、「中高年のクルマ執着」ということじゃないでしょうか。

完全に上から目線の表現で、若者に対して失礼だなと感じています。若者に買ってもらえるよう、メーカー側の努力が足りないだけとも感じています。値段とかも含めてです。

一応お断りしておきますが、管理人は車が好きな部類の人間で、クルマ離れしてません。若者からしたら、無駄遣い人間と指摘されてしまいそうですが。

勤務先でも、若い世代の子と話しても、まずクルマの話題はあんまりないですね。車を持っている子にどんな車か聞いてみると、スペースとか、使い勝手とかの道具として利便性が高い車種とかに乗ってます。
同僚の中で、無理して高い車とか乗ってるのは中高年世代です。


若者が堅実だなと感じた理由

一例として、日本自動車工業会が発表しているアンケート結果を見てみます。車を保有しない若者(30歳未満)が、今後どういったことにお金を使っていきたいかの意向を聞いた結果です。

貯金がトップ!でも金融投資もそこそこ高い。



自動車業界はピンチですね。がんばってほしいです。

[出所]日本自動車工業会アンケートより
20代以下アンケート











私が20代の頃、まわりの友人や同僚を含めて投資を考えた人なんて、あまりいなかったと記憶してます。

将来が不透明な時代ですので、今の若い世代は楽観視せずに、堅実に生活し、お金の使いどころをちゃんと見極めて行動している姿が垣間見えます。

こういう変化を捉えられる企業が今後も成長していけるんでしょうね。その意味で、私の勤務先は危ないかも、通信業界ですけどおっさんの発想が跋扈してます。


まとめ

やや強引な感はあるかもしれませんが、若い世代は堅実な人が多いと思います。

若い世代は、たまにSNSとかでやんちゃな行動をしてしまうこともありますが、やんちゃな行動してしまうのは中高年にもいるので、そこはおあいこで。

今は、団塊世代や団塊ジュニア世代が人口のボリュームで、企業もそこに目を向けがちですけど、いずれは世代交代が起きます。

そういう世代サイクルをうまく捉えられる企業に投資していきたいなと思いました。もしくは、世代が変わっても広く愛用される強力なブランドや製品を展開する企業への投資が重要かなと考えます。

あと、若者も貯金比率より投資比率も高めようと思った次第です。
 

 おすすめの関連記事

www.syomin-toushi-katsuo.net