かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【衝撃】まだ多くの人が自分の生活水準を中位と思い、日本の今後に変化がないと思っている現実⁉

こんにちわ。かつおです。

今日は、多くの人がまだ自分達の生活水準が中位にあり、今後の日本の行く末に対しても、現状と変わらないと認識している、という内容の記事です。

博報堂生活総合研究所の生活定点調査で、興味深いデータが公開されていますのでご紹介します。
朗報なのか、悲報なのか正直わからないですけど、データを見た私個人の解釈なのでご了承ください。

 

日本は良い方向に向かっている?悪い方向に向かっている?

 

4.将来









日本がどんな方向にむかっているかという設問に対して、現状のまま特に変化がないと回答する割合が過半数を超えています。ちょっと驚きですね。

人によっては、この設問からイメージした期間が違うと思います。1年先か、5年先か、10年先までの話なのか、個々で連想した期間が違うと思います。少し先なら、変わらないと思った人が多いとしても理解できます。

ただ、直近では消費増税があることや、高齢化社会が世界で一番進んでいる点、社会保障費が増えている点等を考えると、さすがにこのまま変化がないって回答が多いのは謎です。

1.日本の行方

















なお、この設問に対しての年代別の回答割合を見ると、少し違った景色が見えてきます。50代、60代の層が悪くなると考えている人が多いようです。

1-1.日本の行方年代別

















20代と30代で、良い方向に向かっているとする回答割合が高いのは、少し頼もしさとうれしさを感じました。

もしかしたら、現状と変わらないというのは、今既にひどい状態だからこれが続くという意味で回答している人もいるのかもしれません。

いずれにしても、社会構造や経済が常に変化している以上、方向性として現状と変わらないという認識はちょっと楽観的かなと感じました。



生活水準はみんな自分は中流と思っている?

f:id:katsuo-toshi:20190512172014j:plain



続いて、世間一般から見て自分の生活水準が、上・中・下のどこに当てはまるかの質問に対しての回答をご紹介します。

なんと、87%が中位にあると回答しています。


2.暮らし向きの意識















回答者個人の主観によるものなので、絶対的な正解はないかもしれませんが、8割が中位にあると感じるのは年収分布から考えると違和感を覚えます。

国税庁のデータですが、年収別割合を記載します。データソースが違うので、厳密な比較とは言い難いですが、87%が中位というと、年収700万円以下までの層をカバーすると思うのですが、今の時代年収600万とか700万って十分高いと思います。


3.年収分布割合
















というか、現在の日本で生活水準が中って、どれぐらいの年収を指すのかよくわかりません。年収が高い方も、控えめにあえて中と回答している可能性もあるので、中と回答している割合が高いのかもしれません。

いずれにしても、日本では中流意識というのがまだ根強いということでしょうか。


まとめ

6.お金イメージ









博報堂の調査サンプル数は、国勢調査等と比べると規模は小さいので、日本人全体の縮図かというとそうでもないですし、博報堂調査も日本全体の縮図とは言っていません。あくまでも、一企業の定点調査の結果です。

ですが、貴重なデータだと思います。少なくとも、調査対象となった方からの回答は、上記のような傾向がでているので。

でも、私の友人や家族、同僚等の狭い範囲で見る限りでは、この調査結果のような傾向は、確かに肌感覚としてはあるかもと感じます。

投資が普及しない要因の一つとして、中流という意識や、今後も世の中は変わらないという意識が邪魔しているのかもと推察します。ちょっと飛躍しすぎかもしれせんが。

管理人の意見は、今後は悪くなるに1票で!だから良くなるように皆で頑張ろうのスタンスです。

 

おすすめ記事