かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

ひふみがここ1年さえないぞ!大丈夫なのか?


こんにちわ。かつおです。

ここ最近、ひふみが冴えないというお話です。「アクティブファンドはインデックスに勝てない」を地で行く感じです。

どうしようひふみホルダーって事態です。管理人もひふみプラス持ってますので、ひとごとじゃないんですけれど。


疑問













ここ1年のパフォーマンスは悪い


ひふみプラスと、eMAXIS Slim TOPIXとiFreeダウの過去1年間を比較してみました。比較図を下に記載します。

騰落率1年間




















TOPIXにも負けてるし、ダウにも残念ながら負けています。2018年末頃の下落からの戻りもいまいちですね。

設定来からの累積リターンでみれば、ひふみプラスは圧倒的な印象ですけど、純資産額が大きくなってからというもの、鈍い印象は否めないです。

ひふみプラスは、ベンチマークというよりも参考指標としてTOPIXとしていますが、現在海外株にも投資しているので、いつまでもTOPIXを比較対象としているのは、そろそろ無理がありそうです。

アメリカ株にも手を出してて、TOPIXよりも成績が悪いとかやばいんじゃないの?と心配になる人も多そうですね。

S&P500やダウに連動するファンドを買っていく方がいいんじゃないか?とも思えてなりません。


過度な期待は持たない方がよいかも


アクティブファンドは浮き沈みが激しいので、今は我慢時で今後浮上するのか、あるいはこのままインデックスよりも劣り続けるのか、判断に迷うところです。

もともと中小型株を得意とし成長株投資によりパフォーマンスを上げてきたようですが、今は純資産額が大きくなってしまい、大型株に投資せざるを得ない状況であるため、過去と同じパフォーマンスは期待しづらいでしょう。

一部をアメリカ株へ振り向けているようですけど、その効果は今後に吉と出るか凶とでるかも、また未知数です。

過去から継続してひふみへ投資をしている人をのぞき、これから初めてひふみを投資しようとするのは、ためらわれますね。

まとめ


管理人はどうするかですが、我慢時と考えて続けています。昔から持っているので、今後の動向を見守ります。まわりには、新規でひふみを始めるのを勧めていませんけど。

アクティブファンドとインデックスファンドの対決を自分なりに楽しんでいますので、今後の動向を報告していきたいと考えています。

結果、インデックスファンドのパフォーマンスの方がよかったという落ちになりそうですけれど。まあ、ブログネタになるので続けます。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村