かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【悲報】個人投資家に人気のイオン株急落!みんな売り逃げてる⁉

 

こんにちわ。かつおです。

今日は、私も保有しているイオン株ですが、今年に入ってからというもの株価は軟調だっと思っていたら、4月に入って急落してたので記事にします。

イオンは、株主優待が人気で、主婦とかサラリーマンなどの個人投資家に人気があるようです。イオンラウンジとか、キャッシュバック等が主な優待内容です。

ただ、個別株への投資は、リスクが高いので、投資初心者にはあまりお勧めありできないという内容です。やるには、それなりの覚悟が必要というお話です。

banner-1165979_640









株価急落の原因は

イオンは、2019年4月10の本決算発表前に、4月5日に業績予想の下方修正を発表しています。修正業績予想は以下の通りです。
修正業績予想

※( )内は前回予想との差

  • 営業収益85,180億円(△1,820億円) 
  • 営業利益2,120億円(△280億円)
  • 経常利益2,150億円(△250億円)
  • 当期純利益236億円(△114億円)
純利益は下げすぎですね。別のIR資料によれば、固定資産の除却損を特別損失に計上することが発表されていたので、これが少なからず純利益の押し下げ要因になったものと推測します。
 
 
これでは、株価も適正な額を目指して下がっていくわけです。すこし期待が先行し、買われ過ぎてたんでしょうね。

株価は、下の図のとおりで、本決算が発表された後でも下がり続けてますね。
イオン株価チャート移動平均線
















業績予想を信じて買っていた個人投資家は、はしごを下ろされてしまった感じです。プロの機関投資家とかは、うまいことやって売り抜けているのかもしれませんが。

そして、本決算ですが以下の通りで、ほぼ修正予想と同じ内容となっています。
19年2月期本決算

※( )内は前期差

  • 営業収益85,182億円(+1,282億円)
  • 営業利益2,122億円(+19億円)
  • 経常利益2,151億円(+13億円)
  • 当期純利益236億円(△8億円)
本決算資料では、前期よりも上回っている点が強調されていましたが、その後も株価は下がり続けています。

こういう状態は、投資初心者の人にとって耐えられないと思うので、個別株を初心者にはお勧めしない理由です。

ある程度、投資に慣れてからの方が良いと思います。もしくは、ミニ株とかで、練習として少額から買ってみる等の方法があります。


優待が狙いで仕込むなら、もう少し待つ方がよいかも

株落ちるナイフは拾うなという格言があるように、株価の下げ止まりはいつになるのかはわかりません。

私も、過去の経験として株価が下がって、仕込み時と判断し買ったら、まだ下がり続けたなんてこともざらにありました。苦い思い出です。

イオン優待の権利確定月は、2月と8月です。次の8月に向けて、どこで仕込むかですが、様子をしばらく見た方がよいですね。

今までにない程の長期連休となるゴールデンウイークも控えてますので、日本市場はお休みとなることもリスク要因です。今、買うのはちょっとためらわれますよね。

ちなみに、私は過去に、このような先が読めないタイミングでイオン株を買いました。
購入方法としては、ミニ株とかの単元未満株サービスで、数回に分けて購入し、2月末までに単元化しました。

ちょっとした、ドルコスト平均法の応用です。ミニ株は、手数料がやや高めなのが難点です。私の場合は、運が良く、購入している間に下げ止まって、今は利益がでています。

あとは、信用取引を活用して、クロス取引で優待取りする方法もありますが、私は苦手でやっていません。

まとめ

株主優待の内容は改定される場合もありますから、優待狙いの投資にはそのあたりにご注意ください。優待内容が劣化するというのもよく聞く話です。

今のイオン株は、みんな売り逃げているようにも見受けられます。落ちるナイフは拾うなという格言もありますので、買い向かう場合は、そのあたりにご注意ください。

なお、私が保有しているイオン株は、その昔かなり低いところで拾っていますので、今はまだ売りません。しばらくは、ホールドのつもりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
投資は自己責任でお願いします。

【イオン優待に関する関連記事はこちら】

イオン株主優待のオーナーズカードを詳しく知りたい方へ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村