かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【お役立ち】車購入時は販売店オプションより今時は社外品の方がいいかも


こんにちわ。かつおです。
ゴールデンウイークは暇なのでクルマのディーラーめぐりをして遊んでいます。

 
今日は、車を購入検討される方に向けた記事です。
 
連休初日は、割とオープンしてるお店が多かったので、買い換えようかと冷やかし半分で見積もりをとってきました。ちなみにトヨタのお店です。

売店オプションがすごく高かったので、節約する方法を考えてみました。

automobile-1853936_640



売店オプションの値段高過ぎ!

カーナビ、バックカメラ、ETCとか色々欲しいものを、つけたら販売店オプションだけで77万円を越えました(笑)!

中古車が買えそうな価格ですね。よくばっていろいろ、付けすぎたのが悪かったようです。9インチナビとか、でかいナビがいけなかったのかも。
 
ちなみに、ナビの価格を写真撮ったので、下に載せます。
ナビ価格




















 
 
 



 
 
 
9インチは、25万円からです。でも、これには取り付け工賃が含まれていません。

 

見積り書では、工賃を含めて28万円と記載されておりました。

 

工賃も約3万円とか高過ぎ!カー用品店のが安いんじゃないの?と思い社外品を調べてみることにしました。



社外品を調べてみたら

9インチのナビですと、アルパインパナソニックあたりだと、10万円台であります。
 
アルパインに至っては、ビッグXというブランドで車種専用モデルも発売されています。
 
カー用品店も安かったですが、Amazonならさらに安かったです。

参考までに、Amazon価格を下にリンクを張っておきます。






 


気になる性能はというと、物によっては販売店オプションよりも、機能が充実しており、遜色ないものが多い印象です。

トヨタ純正品という、ブランド料金なんでしょう。この価格差は。



売店で買うと高くなる仕組み

売店の営業マンにぶっちゃけ話をきいてみました

 

性能的には、純正品も今の社外品も大きな差はない、とのこと。

 

ぶっちゃけ、社外品作ってる会社がメーカーにOEM供給してるし。デンソーテン、パナソニックあたりとかです。
 
今私が乗ってる車の販売店オプションの純正ナビは、パナソニック製でした。この間取り外した時に、パナソニックの文字がついてました。
 
これなら、パナソニックストラーダを買っときゃ安かったんじゃ?と落胆したのを覚えています。見た目似てるし。

 

 
売店オプションが高くなる仕組みですが、聞いたところを、ざっくり図にまとめると以下のとおりです。


イメージ図





















 
 
売店は、メーカーから直接仕入れているのでなく、卸業者的な調達会社を経由するそうです。
 
各社の利益がたくさん乗ってくる仕組みです。また純正品という、ブランド力により競争は働きにくいので、価格は販売店の言い値です。
 
こりゃ高いわけですね。

また、車購入時につけたオプション価格にも、自動車取得税が課税されるので、よけい高くなります。
 
逆に言えば、納車後にカー用品店でナビを買ってつけると、自動車取得税の対象になりません。

 


まとめ

特にこだわりがなければ、ナビ、ETC、ドラレコ、バックカメラ等は、カー用品店で購入すると、お得だと思います。

 

社外品でも、車種によっては専用モデルもあり、フィッティングも考慮されています。ステアリングスイッチも連動するものもあるので、おすすめです。



以下の関連記事もどうぞ