かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

ひふみプラスやばいの?やめたほうがいいの?


こんにちわ。かつおです。

QUICK資産運用研究所の調べによると、レオスキャピタルワークスが運用する「ひふみプラス」は、2019年4月の資金流出超過額が約118億円(推計値)になったそうです。

3月は、約7億円の流出超過だったところと比べると、大幅な流出であったそうです。10連休前の手仕舞い売りが重なったとか、色々推測がされています。

 
いろいろな投資関連のブログでも記事として取り上げられているのを拝見しました。

これを受けて、ひふみプラス保有者は、どうしたらよいのでしょうか?私も保有しているので、考えてみました。

cat2_4_think


ニュースソースの信頼性は

そもそも、これって本当なのでしょうか?あくまで推計値としている点が気になります。レオス社からの発表や、モーニングスターでの資金流出入額を確認できるサイトでは、4月分の情報はまだ掲載されていなので、少し疑念が残ります。

ただ、過去記事で、日本投資信託協会の公表データをもとに、レオス社自体への資金流出入について調べましたが、たしかに流入減少傾向にありました。



なので、何かしら資金流出超過とはなっていると思います。


保有者は見限り始めているのか?

ひふみプラスをはじめとした、ひふみシリーズはテレビで紹介されて以降、人気化し資金流入が急激に増加しました。

最近は、成績があまり振るわないので、失望している人も増えているのではと推測します。
 
また、10連休もあって手仕舞い売りしてしまった方も多かったのではないでしょうか?
 
季節要因みたいなものも重なって、タイミング悪く、資金流出超過になったといったところでしょう。


今後の予想
 
米中の貿易摩擦など国際情勢の影響受けて、株式市場は、荒れ気味です。連休あけの日本市場も、株価は下がっています。
 
ひふみにとっては、しばらく悪い地合いが続きそうです。ここ数日で、基準価額も下落しています。
 
なので、ファンド保有者にとっても、やきもきさせられる状況が続くのではないかと予想します。
 
不安になったり、このまま続けてよいか悩んだりすることが多くなるかもしれません。
 
私も、少し気持ちが傾いています。
 
そんなファンド保有者の気持ちをよそにして、社長さんは最近ロケット打ち上げにご執心している姿をみると、よけいになんだかな~という気持ちがこみ上げています。
 

保有か売却か

アクティブファンドは、好調の時はよいのですが、不調なとき、または成績がいまいちなときに、インデックスファンドと比べて疑心暗鬼になりやすいと思います。
 
インデックスファンドは、市場平均なので市場に活気がもどれば、連動してそれなりに好調になってきます。
 
対して、アクティブファンドは市場平均に勝てない場合が多いといわれるので、よけい心配になります。

ここで、選択肢を考えてみました。
 
  1. 保有を継続
  2. 一部売却(投資比率をおとす)
  3. 全部売却
1について
保有を継続をする場合、ひたすら信じるしかないでしょう。運用パフォーマンスが悪くても、各方面から批判されても耐え続けないといけないので、心理的には一番つらい選択かもしれないです。
 
 
 
2について
疑念はあるけど、また調子が良くなるかもしれないと思うと、手放せない、けれど保有を続けるか悩んで仕方がないという場合への対処法です。
 
半分売却するとか、ポートフォリオの中でウェイトを下げるやり方です。
 
サテライト運用資産として、好調になったらラッキー程度な気持ちで保有します。逆に、成績がひどくなっても、被害を限定する事が可能です。これは、妥協案ですね。
 
3について
心理的抵抗があるかもしれませんが、一番すっきりするかもしれません。
含み益がでていれば、利益確定できたと考えてしまえばいいでしょう。
 
しかし、含み損を抱えていると、損切りがなかなかできないかもしれません。
 
個人的な経験からですが、見込みがないと思うなら損切りしたほうが、実施した後は気が楽です。損の額にもよりますが。
 
ただ、自分が売った後にかぎって株価が上がるという、投資あるある話になっても、気にしない覚悟は必要です。



まとめ

あまり、いい対処法が浮かばず申し訳ないのですが、私自身は案2に傾きつつあります。
 
実生活で、まとまった資金が入り用になったので、いい機会かなと思っています。含み益もあるので。
 
最終的には、ご自身の判断になるかと思いますので、あくまでご参考までに。
 
ひふみが更に羽ばたいていく可能性も否定できないですし。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
投資は自己責任でお願いします。