かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

信用金庫でつみたてNISAをはじめるという選択肢

こんにちわ。かつおです。

今日は、地元にある信用金庫で、嫁につみたてNISA口座を開設してもらったので、感想を記事にします。

今まで、証券会社以外で投資性商品を購入することは全く頭になかったので、銀行とか信用金庫さんとかではじめるのは、どういうものか体験する意味でも、妻に付き添ってみました。意外に悪くないかもと感じました。

f:id:katsuo-toshi:20190929171535j:plain

きっかけ

かつお嫁は投資をしたことがありません。専業主婦のため、収入もないのですけれど、おこづかいとかを貯めている程度です。

それなりに貯まってきたお金を、投資信託とかで運用してみたい気持ちが出てきたみたいです。銀行金利が低いことや、私が投資していることを見ていて少し興味が湧いてきたようです。

投資をはじめる人は増えつつあると聞きますけど、職場の同僚と話していても、私のまわりでは投資をしているご家庭はまだ少ないと感じます。

なので、せっかく嫁がその気になったなら、始めてもらうのが良いかなと思ってつみたてNISA口座を開設することを勧めました。

なぜ信用金庫を選んだのか

信用金庫を選んだ理由は、住宅ローンの金利交渉の一環として、現在借入を行っている信用金庫との取引量を増やすため選択しました。この辺の経緯は、以下の記事で紹介しております。 

 

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

特に思入れがあるわけではなかったのですが、つみたてNISAを信用金庫ではじめるのってどんな感じなのか?を体験してみたいなと思ったことも理由です。銀行で投信を買うのってあまりいい評判を聞かなかったので、今の対面金融機関の実態を知りたいと思ったのも理由です。

この時点では、正直少し不安を持っていました。一般NISAの方をすすめられ、手数料の高い投信の方を勧められるかもとか。つみたてNISAの受付って、販売手数料がないし、信託報酬の低い投信ばかりなので、いやがられるのかな?なんて心配してました。

丁寧な説明と対応でした

すみません。勝手な被害妄想をいだいていました。とても、丁寧に説明いただきました。逆に、販売手数料とかないのに窓口で時間をとってもらって恐縮してしまうくらいでした。既に住宅ローンを借り入れしていて、取引があるからかもしれませんけど。

ただ、説明をしていただいたスタッフの方は、取引支店の方でなく、本店から来ていただいた方でした。お話をきくと、支店によっては、投信の販売説明が詳しくできない場合(人材不足?)もあるようで、本店から応援に入るみたいです。

私の取引先の地元信用金庫については、あまり投信を積極販売していないみたいでした。そのため、詳しく説明できる人材も各支店に必ずしも常駐しているわけでないとのこと。

また、つみたてNISAにいたっては、その支店ではめったに口座開設する人がいないと言ってました。

商品の少なさは初心者にメリットかも

投資をする場合、証券会社の方が商品ラインナップが豊富です。個別株やら外国株やらなんでもありますよね。

でも、投資初心者の嫁からすると、何買っていいかわからないそうです。ネット証券とかを見せても、よーわからん!のひとことで嫁に一蹴されました。

今回利用した地元信用金庫については、投資信託の商品ラインナップは証券会社に比べれば、取扱数は少なく微妙な感じでした。

でも、ここで取扱われていたつみたてNISA向けの商品は、たわらノーロードシリーズでした。たわらは、低コストなインデックスファンドシリーズで、純資産額も増えているシリーズなので安心しました。

しかも、こちらでは、たわらシリーズの中でも、日経平均、先進国株式(為替ヘッジなし)、先進国株式(為替ヘッジあり)、8資産均等型の4つだけしか取り扱っていないというほどの潔さ?でした。

人間たくさんあると、選ぶだけでつかれてしまうので、4つから選ぶだけならとても楽です。とりあえず、嫁には世界に広く分散しときたいなら、8資産均等型を選べば良いんじゃない?と提案しておきました。

8資産均等型を選択しておいて、今後余裕があれば、先進国株を買い足して、ウェイトを調整することもできそうですし。嫁は、最初は毎月5,000円しか積立しないそうです。

まとめ

結論としては、投資に詳しくないかつお嫁には、信用金庫でつみたてNISAはじめさせて良かったかなと感じています。

つみたてNISA自体が、金融庁側で商品への条件が厳しく設定されていますので、よっぽど変な商品はつかまされる恐れはないかなと。

なにより、嫁本人は、今後も投資の勉強をするつもりも全くないようですし、ほったらかしでやる分には、地元信金さんで世界に広く分散する投信をかって放置しておくのもありかなと感じました。

今回ご縁のあった信用金庫さんには、とても丁寧な対応していただきました。感謝です。

 

投資は自己責任でお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村