かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

皆いくら位もらっているの?サラリーマンの年収が気になった件

こんにちわ。かつおです。平凡なサラリーマンやらせていただいてます。

今日は、サラリーマンの年収が気になったので調べてみたので記事にします。世間様はどれぐらい貰っているのか気になりましたので。

 

 

きっかけ

先日、同僚と雑談していて、お金持ちになるにはどうしたらよいか?と聞かれて、投資を勧めてみましたけど、あまり同僚の心には響きませんでした。

同僚は、頑張って働いて年収を上げていく!と言っていました。その時のお話は以下の記事をご覧ください。 

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

同僚の意見を聞いて、一理あるな、私も仕事がんばろう!年収もあがるといいなとは思いました。でも、ふと気になったのですが、給与所得者の人たちって、どれぐらい貰ってるんだろう?と疑問に思いました。年収の世間相場みたいなものが気になったわけです。

ニュースなどでは給料が上がってるとか、企業業績はよく、景気は悪くないとか聞きます。ですが、いざ自分の給与明細見てみると、変化がないな~と毎年感じます。

ベースアップ(微増)があっても、住民税も増えてしまい、昇給分と増税分が相殺されており、ほぼ変わってねーじゃんと毎年、自分自身にツッコミを入れています。

とりあえず、日本絶好調と言われてたバブル期の終盤くらいから現在までのデータが国税庁で公開されていましたので、まとめてみました。

私は統計分析の専門家ではないので、至らない点もあるかと思いますが、軽くお読みいただければと思います。

平均年収の推移は

 まずは、平均年収の推移を調べてみました。まとめたのが下の図です。リーマンショックとか、消費税とかのトピックも背景につけてみました。

2009年以降をみると上昇傾向に見えなくもない。けれど、私にはこの30年間で見ると横ばいに見える感じがします。

 次に、この平均給与について、2015年を基準(100)とした時の各年の値を並べてみました。各年の平均給与を2015年の平均給与で割ってみただけです。

 消費税が3%から5%に改定されて以降、平均給与が下がり続けていますね。私は1999年に就職しましたけど、あまりいい時じゃなかったのですね。就職氷河期世代っていうやつですかね、私は。最近の新入社員さんがうらやましいです。

消費増税されたうえに、給与が下がり続けていれば、みんな物を買わなくなりますよね。長いデフレが続いたのも、わかる気がします。

年収分布は厳しい現実を教えてくれた

 続いて、年収別構成比の推移をまとめてみました。下の図です。 

f:id:katsuo-toshi:20191004133503p:plain

概ね8割までが年収600万円以下。7割くらいまでが、500万円以下です。ここ最近ですと、400万円以下までで半分以上占めているんですね。

年収1000万円以上って、少ないんですね。というか、800万円を超えるのも1割程度のようです。

同僚と私は、仕事がんばって年収上げようと意気込んでましたが、やばい!難易度高過ぎですわ!私、上げられる気がしないです・・・・・・。

すみません。仕事はまじめにやりますが、給料面ではあまり夢を見ないようにします。

マスコミとか、商社、半導体メーカーとか一部では、平均年収が1000万円を超える企業は存在しますが、私の会社はそんなじゃないので。

物価はどうなのか

収入が増えた減ったとお金の増減についてのみ目が行きがちですが、お金の価値も見ておかないといけないなと思い、物価の推移を調べてみました。

総務省統計局から、消費者物価指数の長期データがあったので加工して記載しました。

f:id:katsuo-toshi:20191004133458p:plain

消費者物価指数はここ数年は上昇傾向のようです。確かに、身近なスーパーとかに買い物とかに行くと、数年前より鮮魚とか高くなったな~と感じる時もあります。

車なんて、同じ車種でも10年前の価格表と比べると、価格帯がだいぶ変わっています。その分、付加価値がついているかもしれませんが、高くなったと感じます。

生活者としては、困ったなというのが本音です。ここにきて消費税10%とか、つらいです。じわじわボディブローのように家計に効いてきます。

とりあえず、消費税がちゃんと有効活用されることを願うばかりです。

無理なくコツコツやることにしました

一部の高収入サラリーマンを除き、サラリーマンの年収って似たり寄ったりなんじゃないかと感じましたので、資産形成に向けて、地道にできることからコツコツとやって行きたいなと改めて思いました。

通信費や保険とかの固定費の見直し、積立投資の継続や増額、無駄遣いの防止とか、更に強化していこうかなと。

使える制度はとことん利用していきたいです。まだ、配偶者を含めて利用してない非課税制度等もあるので。

イデコとかまだ使っていない制度は利用したい! 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村