かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

投資信託を組み合わせるのってどう?バランスファンドに色々混ぜて検証してみた件

こんにちわ。かつおです。

今日は、投資信託を組合せた時のリターンってどうなるのかを、いくつかのファンドを組み合わせて検証してみました。

ただ、投資信託の数は膨大なので、今回は国際分散投資をベースにしてるファンドにサテライト的に組み合わせたらどうなるかに絞って調べました。

きっかけは、管理人自身も、息子には国際分散投資のファンドとアクィブファンドを半分ずつ組み合わせて積立させていますので、気になったからです。特に、深く考えずにエイヤっとやってしまってたので。

ちなみに、過去の基準価額データを基に計算したので、あくまでも過去の実績です。将来どうなるかを予測する検証ではありませんのでご了承ください。というか、将来はわかんないです。あと、分析視点や計算が色々まちがってたらすんません。

お時間があれば、軽く読み流していただければ幸いです。 

f:id:katsuo-toshi:20191006091711j:plain

 

 

調べたファンド

今回の調べてみたファンドは以下の通りです。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • eMAXIS Slim 8資産均等型
  • セゾン資産形成の達人ファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

セゾン資産形成の達人ファンドのみアクティブファンドです。世界の株式に投資するもので、信託報酬はお高め(年1.35%±0.2%と記載されています) 。ニッセイ外国株式は、信託報酬が税抜0.0999%と投資家に嬉しい低さです。ETFでもないのに、凄いですねこの経費率は。どうやって、商売が成り立つのか逆に心配になります。

今回は、セゾンのバランスファンドと資産形成の達人、8資産均等型とニッセイを組み合わせるとどんな推移となったのかを特に調べました。ウェイトは、それぞれを50%ずつもつとしたらとします。

なお、セゾンのバランスファンドと資産形成の達人の組み合わせが、息子にやらせている組合せです。これが一番気になった次第です。昨今では、信託報酬高いし。セゾン投信さんの動画をみてて、講師の方がバランスと達人を1対1で持つといいかもと言われていたので、何となくやってしまったんですよね~。

セゾンバランスと達人の組み合わせ

はじめに、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドです。両ファンドは設定日が同じなので、設定日を基準日として、基準価額の騰落率の推移を折れ線グラフにしてみました(下図)。

f:id:katsuo-toshi:20191006090238p:plain

 両ファンドを半分ずつとするので、真ん中に折れ線グラフが来るのは当然として、バランスだけ持っている時よりは、上昇してますね。達人ファンドは、アクティブファンドですが、落ちるときは落ち、上がる時は上がりと変動幅が激しいですね。

リーマンショック時については、達人ファンドが一番下落してますね。バランスは安定感があります。セゾン投信の中だけでの比較に限れば、資産形成達人ファンドはリターン向上に貢献してくれており、半々でもつのもありだったのかと感じました。

でも、他のファンドと比較しないと本当に良いかわかんないですよね。

 先進国株式インデックスファンドと比較

ニッセイ外国株式ファンドと比較してみました。運用が始まり6年、純資産も1,200億円を超えており安定の資金流入で、超低コストなファンドです。これと、前掲のグラフに足してみました。運用開始日が異なるので、ニッセイの設定日を基準日として比較しました。

f:id:katsuo-toshi:20191006090242p:plain

先進国株式100%なので、バランスファンドと比べれば値動きが激しいですね。2018年末から19年初頭にかけて、市場全体も大きく下落していましたけれど、先進国株、達人ファンドの下落幅は大きいです。バランスファンドも落ちますが、相対的に緩やかです。

値動きに敏感になってしまう人にとっては、バランスファンドは良いのかもしれません。大きなリターンはないものの、ゆっくりと変動していく感じでしょうか。それにしても、セゾンの達人ファンドは高めの信託報酬ながら、パフォーマンスは良さそうに見えます。めちゃ、値動きは荒いとは思いますけど。

アクティブファンドはあまり良くないみたいな話をきくことがありますので、今後どうなっていくかが気になります。

バランスファンドの比較

ニッセイ外国株式とeMAXIS Slim8資産均等の組み合わせを調べる前に、ちょっと寄り道して、セゾンのバランスファンドと8資産均等を比較してみました。

セゾンは、時価総額に応じた分散がされているのに対して、8資産均等は、株式(日本、先進国、新興国)、債券(日本、先進国、新興国)、リート(日本、先進国)を均等に配分しています。同じ、国際分散でもアプローチ方法が違います。

f:id:katsuo-toshi:20191006090246p:plain

も、なんか似たような値動きをするから不思議ですね。詳しく見ると、差が出ている時期もあるのですが、直近では8資産均等型が良く見えるかも。でも、両ファンドには信託報酬にかなり差があるので、そのあたりも効いているのかもしれないです。

いまさらですが、eMAXIS Slimシリーズじゃない方の、eMAXIS8資産均等型と比較すればよかったです。あちらは、0.5%台の信託報酬で、セゾンに近いので。比較が正確じゃなくて、すみません。

管理人個人は、おおざっぱな性格なので、どちらを選ぶとか聞かれたら、どっち選んでもいいんじゃない?と思えます。でも、今選ぶなら8資産均等かもしれません。今さらセゾンは止めるに止められないですが。

8資産均等とニッセイ外国株を混ぜてみた

続いて、8資産均等とニッセイ外国株を半分ずつの組み合わせと、セゾンバランスと資産形成半分ずつの組み合わせ、8資産均等の推移を記載します。

f:id:katsuo-toshi:20191006090249p:plain

過去ではセゾンチームの方が、直近ではニッセイ&8資産均等チームの方が良く見えなくもない?!運用コストが低い分だけ、ニッセイ&8資産均等チームが優位なんでしょうか。でも、似たように見えなくもないです。

それにしても、ここまで記事を書いておいてなんですが、バランスファンドにプラスアルファすると上下の値動き幅が当然ですけど、当初より大きくなりますよね。自分の場合、息子のためにセゾンバランスを選んだのは、ゆったりとした感じで値動きの激しくないようにするためでした。けれど、達人ファンドを組み合わせたおかげで振れ幅が相対的に大きくなっていました。われながら、よく考えず行動したもんだと反省です。

ちょっと欲をかいてしまったのかもしれないです、私。でも、もともとこれくらいの値動きを許容できて、リバランスがめんどくさいような場合には、バランスファンドとその他ファンドをプラスアルファするというやり方は、いいのかも。

まあ、私の場合は今さら感があるのと、息子も若く運用期間が長いので、セゾンバランスと達人ファンドの組み合わせは、放置しときます。本人のリスク許容度側を調整ですかね。私からのおこづかいで息子は積み立ててますし、中学生だし、額も少ないし。

 

今後はよく考えて行動したいと思います、たぶん・・・

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、バランスファンドとの組み合わせを調べてみましたが、時間があれば、もっといろんなものを付け加えた検証してみたかったです。ゴールドとか、コモディティとかに手を出すとどうなるのかとか。

投資っていろいろなやり方があって奥が深いですね。正解がひとつでないから、色々悩みます。私個人も、ポートフォリを何回も何回も考えては失敗しての繰り返しをしてきました。最近だと、もうバランスファンドでいいんじゃないか?とさえ感じてきています。息子のバランスファンド運用の方がリターンがいい感じがしてきたので。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。投資は自己責任でお願いいたします。

 

以下のボタンをクリックいただくと励みになります。 本ブログより、はるかに有益なブログがたくさんありますのでどうぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村