かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

株高だけどすぐ何かしたほうが良いのか?

こんにちわ。かつおです。

ダウが史上最高値を更新しています。なんとなく、国内市場も含めてリスクオンなムードが漂っていますね。

管理人は、ツミニー主体で投資をしているので特にする事もなく退屈です。

最近は、DMM FXのデモトレードキャンペーンで、遊んでいますが、早くも損失を100万近くだしてます。仮想の損失ですけど。

相場が好調なとき程、何かしたい衝動に駆られる場合があると思います。私もそのタイプな人間です。

また、こういう時期になると、にわかに投資情報のニュースや証券会社のコラムなどで、日経平均が○○万円を目指しはじめたとか、期待感を抱かせるような情報をよくめにするようになります。

けれど、管理人は仕込みとしては既に出遅れているので何もしないことに決めています。高く買って安く売るパターンにハマるおそれがあるからです。

こういう時こそ、あらかじめ決められたルールで淡々と、投資をしていくのが大事でないかと思います。特にキャッシュポジションも含めて、過度なリスクを取りすぎていないか見直した方がよいんじゃないかと。

もちろん、順ばりで流れにのっかる投資戦略もあるので、何かアクションを起こすことも必ずしも間違いとはいいきれません。

ただ、中長期的に資産形成に取り組む場合には、相場が好調だったり、不調だったりする場面には、何度も出くわします。

いちいち、相場の動きに反応していては疲れてしまうのではないでしょうか?どちらかといえば、過去を振り返えると、相場不調時にこそ投資に力をさいていた方が、仕込みがうまくいき良い結果をもたらしたと思います。

まあ、不調時は不調時で、なにかしたいという気がおきにくいんですけど。投資って難しいですよね。

なので、私のようなふつーのサラリーマン投資家は淡々と積立投資を続けていくのが、無難で良いかなと、最近の株高をみて感じています。

心理的な迷いやプレッシャーなど、お構いなしに機械的に買い付けの執行をしてくれるので、積立というアプローチで市場と適度な距離感でつきあうのが、いいんじゃないかと。

ただ、スーパーサラリーマン投資家みたいな天才的な人もいらっしゃるので、そういう方の成功体験は、うらやましーといつも思います。

とりとめない話となってしまい恐縮ですが、株高だからこそ、ひと息おいて、自分のリスク許容度や投資方針の再点検をしてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

関連記事はこちら。

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

 

 

www.syomin-toushi-katsuo.net