かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

信用金庫のツミニーが不便すぎて逆に長期投資向きだった件

こんにちわ。かつおです。

今日は、地元信用金庫でのつみたてNISA(以下、ツミニーと表現)の体験記事です。

管理人は、楽天証券でツミニーをやってます。ただ、訳あって奥さんには地元信用金庫でツミニーをはじめてもらいました。

証券会社でなくてなぜ信用金庫で?と思われたかもしれませんが、そのあたりの経緯はこちらの記事でご紹介しております。端的に説明しますと、きっかけは住宅ローンの交渉の一環でした。

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

管理人嫁には、11月からたわらノーロード8資産均の積み立てを開始してもらってます。(私が選んだ信用金庫さんは、ツミニ―はたわらノーロードのみ取扱いがありました。)

 

しかし!

これが、ネット証券でやってる私からすると、想定してた以上に不便。けれど、その不便さが、かえって初心者が長期投資するには、とてもいいんじゃないかと思えましたので、ご紹介します。

 

f:id:katsuo-toshi:20191122203353p:plain

 

不便だと感じた点は、

  1. 投信保有残高がWEBで確認できない
  2. 買付・解約の手続きが店舗か電話でしかできない
  3. 変更手続きが店舗か電話しかできない

の3点です。なお、銀行さんによってはネットで手続きできるところもありますので、あくまでも私の取引先である信用金庫さんでの話です。

 

ひとつめなんですけど、

積立がちゃんと約定したか確認し、評価額も含めて見てみたいなと思って、ネットバンキングも開設していたのですが、なんと確認できず!

取引先の信用金庫では、どうもWeb上で投信については確認できないらしく、はがきで通知が届くだけのようでした。

まあ、残高が毎日見れたからといって、すぐにどうこうするわけでもないのですが、ネット証券に慣れてる私からは、すこし衝撃を受けました。

 

ふたつめですが、

ネットで手続きができないので、買付や解約の手続きも当然、店舗か電話でした。ツミニ―なので、長期投資前提のため解約についてはすぐにするわけでなく問題ないのですが、通常の特定口座側でスポット買いとかしたい時にやや不便だな~と感じました。

 

みっつめですが、

積立額の増額や、積立てるファンド変更もネットからはできませんでした。ファンドはバランスファンドを買ってあるので、とりあえずリバランスとか意識せずほっとけそうですが、これも少し不便に感じました。

 

でもですよ!

投資を始めたばかりの管理嫁にとっては、長期投資する上で、この不便さはかえってメリットがあると思えました。市場との距離感が適度に離れているから、以下のメリットがあるとも思えました。

  • 簡単に残高確認できないので、評価損も評価益もわからないので、日々の値動きに一喜一憂しなくて済む。
  • 手続きの敷居が高いので、相対的に積立を止めにくい仕組みとなっている。
  • 結果として、ほったらかしで長期投資するのに適した環境とも言える。

なまじ、私のようにネット証券でログインして確認や手続きが容易にできてしまう環境だと、市場が気になって変な行動を起こしかねないです。特に、初心者のうちは時価評価に慣れていないので、気が気でないと思います。

そんな時に、このような市場からの適度な距離が保たれる環境があると、逆にいいんじゃないかな~と思えました。実際、管理人嫁は既にツミニ―やってることを忘れてましたし。たぶん、市場が暴落しようが上がろうが、管理人嫁は気づかず続けることでしょう。バランスファンドなので、ほったらしでリバランスもいらないし便利。

 

ちなみに、銀行系は高コストなファンドを販売してくるイメージを持ってましたが、私の取引先の信用金庫さんは、低コストな商品ながら、ちゃんと説明してくださりツミニ―の手続きをしてくれました。 ありがたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

地元信用金庫さんは丁寧にツミニ―の説明をしてくれました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村