かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

Amazonサイバーマンデーで格安タブレットと格安ノートPCを買ってみた

こんにちわ。かつおです。

ネット証券で取引をしていると困ることが一つだけあります。それは、PCやスマホ、タブレット等のアクセス用端末が必要な点です。

アクセス用の端末が壊れると、途端に取引できなくなるので、ネット証券を使い続けるならば、今後ずっとスマホだとかPCなりを持ち続けないといけない点は、意外にコストがかかるものです。そこで、格安タブレット、格安ノートを試しに買ってみましたので紹介します。

 

 

きっかけ

かつお家では、タブレット、ノートPCがありますが、この度、使い物にならなくなりました。特にノートPC側は、10年選手でWindows7のサポート終了も近づいており、ほぼガラクタ化してます。また、タブレットは貰い物で、容量不足で動作が不安定です。

あまり高い機器を買うのには抵抗があったので、何とかならないかと模索して、格安な中国製タブレットと格安ノートパソコンを買ってみました。ちょうど、Amazonサイバーマンデーが開催されていましたので、渡りに船とばかり買ってしまいました。

中国メーカーってやや不安もありましたが、日本製メーカーの製品を買ってもmade in chinaなら、結局一緒じゃないか?と思え踏み切りました。

格安タブレット

購入したのはVankyo製「MatrixPad Z10」。バンキョーと読みます。全く知らない・・・・。Vankyoサイトを訪れ、会社概要をみると中国深圳市の中小企業らしく、アメリカにも拠点があるようです。

製品パッケージはこんな感じです。割とまともな感じです。日本語の説明書も付属してました。 

f:id:katsuo-toshi:20191215135353p:plain

 

画面はこんな感じです。余分なアプリははいっておらず、少し自分でインストールしたものが評されています。初期状態では、Googleアプリだけでした。可もなく不可もなく、動きます。

f:id:katsuo-toshi:20191214164817p:plain  

 

裏面はこちら。プラスチックだけど、それ程安っぽい感じはしません。一応、技適マークもついてます。

f:id:katsuo-toshi:20191214164839p:plain

 

購入価格ですが、

Amazonで13,397円で購入。iPadとかとくらべると激安。

サイバーマンデーが終了した今は、19,999円に価格が戻ってます。4,000円オフクーポンが掲載されているので、実質15,999円です。

サイバーマンデーは確かに安い。

Amazonのレビューでもそこそこポジティブな評価が多かったです。

Amazonサイトでの紹介は以下です。

 

タブレットのスペック

気になるスペックを、以下にまとめました。インターネット閲覧、動画視聴がメインなので、高スペックじゃないですが、問題ないレベルです。

重量 1.04 Kg
寸法 幅 × 高さ 16 x 0.9 cm
画面サイズ

10.1インチ

解像度 1920x1200
CPUブランド MEDIATEK
CPU

64bit Quad-Core Cortex A53

チップMTK8163A

CPU速度 1.50 GHz
プロセッサ数 4
RAM容量 3 GB
ROM容量 32 GB
OS Android9.0
バッテリー 6000mAh
カメラ 1300万
インカメラ 500万

唯一、欠点をあげるとするなら、充電用アダプターが付属してない点です。ケーブルはタイプBが付属しています。

あと、HDMI出力端子もあったり、microSDをさせたりと便利です。

CPUはネットで調べると台湾製チップらしいです。使用感としては、特に遅すぎることもないです。かといって、すげー動作が早いということもないです。

でも、一般的な使用であれば、この価格とスペックならコスパは良いと感じました。

 

管理人嫁は、ひたすらLINEのブラウンファームをこのタブレットで遊んでます。嫁曰く、問題なくプレイできてるとのことです。

 

サポートは期待せず割り切りが必要かも

お値段がそれなりなので、サポートについては過度に期待してはいけないかもしれません。サポートはメールでの受付のみです。紙切れが入っていますが、左端に書いてある「期待外れ?」がなんとも言えない表現です。

f:id:katsuo-toshi:20191215135349p:plain

日本国内での受付・修理拠点等があるのか?それともないのか?そのあたりが不明ですので、壊れたら割り切って買い替えという選択になるでしょう。値段が値段なので、修理費のが高くなるんじゃないでしょうか。

購入直後の初期不良であれば、Amazon側で対応してくれると思いますが、保証書的なものは同梱されていないので、そのあたりが不安な方は手を出さない方が良いかもです。

格安ノートPC

サイバーマンデーということで、調子に乗ってノートPCも買ってしまいました。こちらは、DELL製。Inspiron 15 3580です。

主なスペック

スペックは以下のとおりで、一番下のモデルです。2019年製です。

  • CPU: Intel Celeron 4205U(1.8GHz)
  • メモリ:4GB
  • HDD: 1TB 
  • 画面:15.6インチ

 

f:id:katsuo-toshi:20191214164825p:plain

 windows10がインストールされているだけで、オフィス等もなく全くすっぴん状態です。裏面を見たら、Made In China の文字が。結局、中国製ですね。

f:id:katsuo-toshi:20191214164832p:plain

 

購入価格は、27,800円でした。セール終了後、45,814円 に価格が戻っています。

 Amazonでの紹介はこちらから。

使用感

スペックからもわかる通り、可もなく不可もなくといった感じです。動作が遅すぎることもないし、早いわけでもない。価格相応といった感じです。過度な期待を持っていなかったので、別に悪い印象は持っていません。インターネット閲覧、文書作成、表計算くらいであれば、ふつーに使えています。

3万円以内でパソコンが買えるなんて、時代の流れを感じます。昔はもっと高かったな~と。

まとめ

安物買いの銭失いとなるのか?ちょっと、不安はありますが今のところ、問題なく使えています。タブレットとノートPCの2つで4万弱で揃えられたのは満足してます。

ただ、ノートPCって使うの?って今さら思ってます。ちょっと、無駄だったかなとやや反省してます。

この価格設定でも一応利益がでてるのであれば、タブレットとかパソコンの原価って一体どうなってるんですかね?販売価格の高い機器は、怖くて買えないですよ、私。ぼられてるんじゃないかと。

興味のある方は、中華タブレットもお試しください。自己責任にはなりますが。

それにしても、Amazonのおかげで、消費者側の選択肢が増えたなとつくづく感じます。性能はそれなりでよいから、安いものが欲しい時、ニーズにあった商品がみつかるので。

地方在住の管理人は、家電量販店はあるんですけど、高いものしか売っていので、いつも悩みます。Amazonさまさまです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Amazon株欲しくなる。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村