かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【iFreeレバレッジNASDAQ100】レバレッジ型インデックス投信ってどうなの?

こんにちは。かつおです。

本日は、レバレッジ型インデックスファンドのお話です。

気になるファンドとして、大和さんの設定するiFree レバレッジNASDAQ100があります。

iFreeシリーズの派生商品ですね。

目論見書によると、

日々の基準価額の値動きが、NASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざします

とあります。

なんだか、ワクワク?する表現ですね。昨年秋頃から、米国市場は上昇基調だったので、運用状況はどんな感じか調べてみました。

 

 

f:id:katsuo-toshi:20200216204009j:plain

 

ファンドのコスト

このファンドは、購入時手数料が設定されています。ただ、楽天証券など主要ネット証券では、最近、投資信託の購入時手数料の無料化が大々的に宣言されており、このファンドも、楽天証券では購入時手数料がかからないらようになってました。

 

ネット証券様、最近手数料関係の改定が凄まじいですね。投資家からすると、大変ありがたいことですが、事業として大丈夫かちょっと心配になります。

 

そして気になる信託報酬ですが、年率0.9%とやや高め。ただ、税込みでギリ1%をきっております。

ファンド名 購入時手数料 信託報酬
iFreeレバレッジ NASDAQ100 上限 2.0 %(税別) 年率0.9%(税別)
【参考】iFreeNEXT NASDAQ100インデックス なし 年率0.45%(税別)

 

参考に、レバレッジ型でない、iFree NEXTシリーズのNASDAQ100は、0.45%です。偶然なのか、レバレッジ型はこの信託報酬の二倍になってますね。

 

 

 パフォーマンスを調べてみました

このファンドの設定日からの騰落率をグラフにしてみました。

比較先として、iFree NEXT NASDAQ100とiFree S&P500を掲載してあります。

f:id:katsuo-toshi:20200216202938p:plain

2019年秋頃からの上昇がすんごい勢いですね。このファンド、純資産額が20億ぐらいであまり大きくないですけど、早い時期から買ってた人は今は、ウハウハ?な状態なんですかね。

さすが2倍の値動き、うらやましい・・・。

 

でも気をつけたい点もあるかも

 

2018年末の下落っぷりが激しいです。レバレッジがきいている分、相場が下落基調になると、下がる勢いも凄いですね。当然といえば当然なんでしょうけど。

あと、レバレッジ型って指数からの乖離が単純に2倍になるわけじゃないし、難しい商品ですよね。

 

所感

個人的には、そそられちゃうファンドかな、なんて思います。NEXTシリーズのNASDAQ100ファンドをほんの少しだけ保有してるんですけで、こういう結果をみると、気になりますねー。

けど、リスク承知で飛び込む勇気がでない。安易に飛びついて、過去よく失敗してた気がするので、私個人は。

 

そういえば、積み立てでアプローチするという手もあるようです。ツミレバとか紹介されてました。ツミレバについては、以下の記事で紹介してます。

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

 

ちょっとお試しでサテライト保有してみたい気もします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村