かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

株安だけどレバレッジ型ファンドはどうなってる?

こんにちは。かつおです。

連日の株安で、ひさしぶりの下落相場ってかんじですね。私のポートフォリオは、債券を組み入れていないので、順調に?値下がり中です。

 

ここ最近は上昇基調でしたが、ひさしぶりの大幅な下落相場っぽいので、ああ、やっぱり株式はリスクが高いなと、再認識してるところです。

 

こんな時、レバレッジ型ファンドってどうなってるんだ?と気になったので調べました。個人的に応援してる、iFreeレバレッジのお話です。

 

f:id:katsuo-toshi:20200229111301j:plain

 

 

市場振り返り

2020年2月20日頃から市場の下落が顕著です。日経平均、ダウは短期間で大きくさげてますね。

日経平均
日付 終値 前日差 前日比
2020年2月21日 ¥23,387 -¥92 -0.39%
2020年2月25日 ¥22,605 -¥781 -3.34%
2020年2月26日 ¥22,426 -¥179 -0.79%
2020年2月27日 ¥21,948 -¥478 -2.13%
2020年2月28日 ¥21,143 -¥805 -3.67%
累計 -¥2,336  

 

 実額で見ると前日差は大きいですね。一気に2,000円以上下落し、21,000円台まで落ちました。2月20日に対して10%以上は下落してます。

 

ダウ
日付 終値 前日差 前日比
2020/2/21 $28,992 -$228 -0.78%
2020/2/24 $27,961 -$1,032 -3.56%
2020/2/25 $27,081 -$879 -3.15%
2020/2/26 $26,958 -$124 -0.46%
2020/2/27 $25,767 -$1,191 -4.42%
2020/2/28 $25,409 -$357 -1.39%
累計 -$3,811  

 

 ダウは、14%近い下落です。2/27は1,000ドルを超える値下がりとなりインパクトが大きいですね。最近まで29,000ドル当たり超えていたのに、25,000ドル台まで一気に落ちました。

 

これに、円高に振れていますので為替影響も考えると、米国株投資についてはダブルパンチを食らっています。→私(笑)

 

市場に下落はつきものだけど

過去を振り返れば、市場の下落は突然やってきます。今回は、新型肺炎をきっかけとした、企業活動の縮小への懸念とかだと思います。

 

こういう下落時に、これまで行ってきた自身の投資行動やポートフォリオが、どうだったのか実感できる機会とも言えるでしょう。

 

リスクを取り過ぎていた、あるいは保守的な運用でよかったとか、色々な思いを持たれることと思います。

 

市場のことを気にしても、市場はこちらのことはお構いなしにふるまうので、気にせずこれまでどおり、淡々とやっていこうと思ってます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

レバレッジ型ファンドの特徴を見れた

私は、一部iFreeシリーズを保有し定点観測してるのですが、今回の下落でレバレッジ型ファンドの実際の特徴が見れたのは、貴重な体験だったと考えています。

iFreeシリーズにはレバレッジ型ファンドが設定されているので、レバレッジ型のここ数日の騰落率を調べてみました。

 S&P500ファンド

S&P500連動の通常のファンドとレバレッジ型の比較です。

想定したとおり、大きく下がってます。上昇するときも大きく上がりますけれど、下がる時もガツンとさがる。レバレッジ型なので、当然と言えば当然ですが。

余裕資金の中でやっとかないと、この下げは結構きついですね。

f:id:katsuo-toshi:20200229110226p:plain

  

 NASDAQファンド

 次にNASDAQ100です。通常ファンドとレバレッジ型の比較です。

 こちらも、下げ幅が凄い・・・・。

1週間くらいでこれほど下げると、さすがに心理的にもストレスがたまりますね。

でも、耐え抜いた先に明るい未来が待っているかもしれませんので、善し悪しは判断できませんが。

 

f:id:katsuo-toshi:20200229110229p:plain

 

 まとめ

レバレッジ型って夢がありますが、付き合い方をあらかじめしっかり決めておかないとやけどしちゃいそうですね。全力投球すると、えらいことになりそうです。

私は、レバレッジ型については、推奨、非推奨どちらでもなく中立の立場です。リスク許容度に応じて、自由に使えばいいと思っています。

投資初心者の方は、特徴をよく見極めて使いたい商品かなと思います。

 

レバレッジ型に積立でアプローチするという方法が紹介されていました。そちらについては、こちらの記事でどうぞ。

www.syomin-toushi-katsuo.net

 

 

レバレッジは余裕資金でほどほどにやるのが良いかも 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村