かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

ツミニー20年やるならコロナショック相場は気にしない方がよい

こんにちは。かつおです。

 

最近、相場が一気に下落して荒れ模様です。コロナショックという言葉も、見かけるようになりました。

 

つみたてNISAをはじめたばかりだけど、不安だなと思ってる人向けの記事です。(つみたてNISAを以下、ツミニ―と記載します。)

 

なかには、積立を中止しようか迷ってる人、又は既に中止した人もいるかもしれないですね。

 

でも、長い航海のようなもので、順調な時もあれば、荒波にあう時もあると思いますので、気にせず続けた方が良いというのが管理人の意見です。管理人もツミニ―やってますので、ツミニ―やってる方と一蓮托生です。

 

止めない方が良い理由をまとめてみました。気楽にお読みください。

 

f:id:katsuo-toshi:20200307111756p:plain

 

 

株価が上がり続けるなら積立メリットは少ない

株価が上がり続けるのは、正直見ていて気持ちよいです。できれば、ずっと右肩上がりを続けてほしいとさえ、思えます。

 

けれど、右肩上がりとは値上がりしていくわけですから、安い時に一括投資した方が投資効率は良いことになります。物を買う時に置き換えると、値上がりし続ける商品があるなら、早い時期に前もって買っておいた方がいいですよね。

 

右肩上がり相場では、積立てていくと、平均取得単価は上がり続けるわけなので、むしろ時々大きく株価が下がってくれた方が、積立のメリットがでます。

 

世界株式や米国株式は、超長期でみてみると右肩上がりですが、時々下落します。そういう時に安く仕込めると、後々のリターンに貢献すると考えます。

 

価格は価値に収斂していく

短期的には、価格と価値がずれる場合があります。割高な株、割安な株とかですね。けれど、長期でみれば価格と価値はいずれ合致してくることが多いと思います。

 

企業が継続的に利益を出し続けることができれば、基本的にはその企業価値は向上していきます。そして、価格もそれに応じてついてきます。

 

私は、勤務先で企業買収業務に携わったことがありますが、企業価値の計算してましたので、特にそう思います。

 

つみたてNISAの場合は、インデックス運用商品が多いので幅広い企業に分散されているので、個々の企業の倒産リスクはあまり心配しなくてよいといえます。

 

なので、企業にも時々で好調、不調がありますけれど、すごく長い目でみて、経済が成長していく限りにおいてはまあ大丈夫だろうと、考えています。

いずれ、株価も戻る、ないしはまた成長トレンドになったりすると考えます。長期という視点、世界全体の株式市場という視点が前提ですが。

(個別の市場については、ずっと低迷なんてことはあるかもしれません。バブル崩壊後の日本市場のように)

 

 

 

 

何とかショックは普通に何度もやってくる

過去を振り返れば、一時的な調整による大幅な下げや、リーマンショックをはじめ、~ショックと呼ばれる下落相場は、何度も発生しています。ですが、その都度、逞しいことに蘇ってきています。

 

相場に下落やパニックはつきものです。なので、短期的には積立投資家はあきらめるしかないですが、仕込み時期と前向きにとらえた方が良いと考えます。

 

リーマンショック時に積立を止めずに、淡々と続けた方たちが成功しているのを拝見すると、特にそう感じます。

 

ただし、リスク許容度に応じた投資や、キャッシュポジションに日ごろから気をつけておくことが重要です。短期的には、保有資産が痛むので、長く続けられるよう余裕をもって投資しておきたいところです。

 

所感

投資に絶対はないですが、私は世界経済の発展を信じて、長期投資を続けたいと思います。

 

どちらかというと、私自身は、今は手洗い、うがい等の公衆衛生に気をつけています。

 

早く新型肺炎が収束して、世界中の人が普段通りの生活に戻れるよう、個人レベルでできることは、しっかりやって行こうと自分を戒めてます。

 

ツミニーやってる方いっしょに頑張りましょう!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村