かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

【つみたてNISA】暴落相場での継続法~評価額より買付口数を見たい~

こんにちは。かつおです。

 

コロナショックで、市場は下落し方向感のない動きをしています。もう一段の下げがありそうな予感もしそうで怖いですよね。

今日は、そんな不安な時期でも、つみたてNISAを継続する気になれる方法についての紹介記事です。実際には、止めないための気休め法というべきかもしれません。

つみたてNISAを以下、ツミニ―と記載します。

 

 

 

f:id:katsuo-toshi:20200405104159j:plain

評価損が気になりますよね

ツミニーで投資を始めたばかりの人は、コロナショックで評価額が下がり、場合によっては、含み損になって気になってしょうがいないという人もいるのではないでしょうか?

 

投資は、浮き沈みがあるのでどうしようもないですね。とはいっても、こういう相場環境では、つみたてを停止したり、積立額を減額している人もいるようです。

 

長期投資を推奨しているセゾン投信さんのニュースレターを見ると、セゾン投信さんのファンド保有者ですらそういう行動がでていると記載がありました。

 

一方で、ネット証券の口座開設が増えているようで、コロナショック相場を機に、チャンスと考えたのか、これから始めようとする人も増えているようです。

 

いずれにしても、これからの相場環境はさらに厳しくなることを想定しておいた方が、無難でしょう。でも、長期的に見た場合、あまりにも保守的になりすぎるとせっかくのチャンスを逃すリスクもあるわけで、冷静な行動をとりたいものです。

 

評価額ばかりに気をとられていると、このまま継続すべきかどうか?と悩みスパイラルに陥ると思いますので、むしろ、毎月のつみたての買付口数の変化に目を向けてみてはどうでしょうか。

 

毎月の買付口数は着実に増えている

市場は大きく下落しましたが、当然、ツミニーで指定されている投資信託の基準価額も大きく下がっています。多くがインデックスファンドなので、市場の影響を受けて当然ですよね。

 

ただ、ツミニ―は積立で毎月定額で買い付ける仕組みですが、基準価額が下がった分、買付口数がいつもより増えていることに気づくはずです。そして、平均取得単価が先月よりも今月は下がっているはずです。

 

買付の取り付け報告書を見ていただくと、購入単価、購入口数、購入後の平均取得単価が記載されていることと思います。

 

私の場合、市場が20~30%ほど下落したため、投信の基準価額も同程度下がり、買付口数も普段より、20~30%増えていました。

 

気休めですが、着実に仕込みができていると考えたほうが、精神的に楽ではないでしょうか?。評価額は減少しますが、これまで買付してきた保有口数は減少しません。

 

やっぱりドル・コスト平均法は継続する上でメンタル面で有効

ドル・コスト平均法は有利でも、不利でもないと言われており、どちらかというと気休めの投資法、場合によって批判されることもあります。

 

しかし、暴落相場で買い向かうことはかなり勇気がいるので、初心者にとっては、メンタル面をサポートしてくれる投資法だと感じます。

 

今は、買付口数の増加、平均取得単価の低下など、効果を実感できると思いますよ。

 

関連記事

つみたての効果を検証した記事はこちらをどうぞ。

www.syomin-toushi-katsuo.net

まとめ

ツミニ―の場合、評価額や含み損が気になってしまう場合、買付口数にも目を向けてみると、少し気休めになるのではないでしょうか?

 

もともとが20年間という非課税期間なので、今は焦らず、淡々と継続していくことがの方が、長期で見た場合、報われる可能性が高いと考えます。

 

今回の相場暴落は、新型コロナによる経済の停滞、企業収益の悪化に起因すると思われますが、各国でワクチン開発等も始まっており、個人的には、世界はこの苦難の状況をいずれ乗り越えると信じています。

 

そのような明るい状況になってから投資に戻ってきても、既に相場は上昇してしまっていることが、想像に難くないです。それがいつ来るかわからないからこそ、つみたてを継続しておいた方が、投資家目線では賢明ではないかと考えます。

 

もちろん、過度なリスクをとりすぎるのはよくありませんので、余裕資金の中で生活に困らない範囲で継続することが重要かと。

 

管理人のツミニ―も含み損中!けど止めません。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村