かつおの庶民派投資ブログ

底辺投資家かつおの投資体験を綴っていきます。 ふつうの生活者目線で、投資未経験・初心者の方 のお役に立てる情報を発信してまいります。

つみたてNISA運用状況(2020年8月)と少し不便に感じること

こんにちは。かつおです。
今日は、つみたてNISA口座の状況報告です。


f:id:katsuo-toshi:20200814132146j:image

つみたてNISA口座も200万口座を突破しているとのことで、本格的に浸透してきているのかななんて思えます。

 

でも、皆さんの運用状況ってどんな感じなんでしょうか?どれくらい利益がのってるのだろうか?といつも疑問に思います。


指定された運用商品の買い付けとなるので、似たような結果なのか、はたまた、損しているケースもあるのか疑問です。

 

たぶん、似たような運用結果なのではないかと想像します。

 

ちなみに、管理人の運用状況は

2018年から開始して、積立額は100万円をちょうど超えたところです。


評価額は約111万円で、含み益は約11万といったところです(2020年8月13日時点)。
元本に対して11%くらいのプラスでした。

 

まあまあ?、なんですかね?これは。インデックスファンド買ってるだけだし。


なお、管理人ですが、つみたてNISA口座で買い付けている投資信託は次の通りです。
とっても適当に運用してます。

 

[積立中]
①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
②楽天・全世界株式インデックス・ファンド

[積立中止済み]
③ひふみプラス⇒停止中
④iFree S&P500インデックス⇒eMAXISに鞍替えして停止中

S&P500だけにシンプルに投資しておこうと思ったのですが、全世界株式も半分ずつ積み立てることで、米国ウェイトが高めとなる方法を選んでおきました。


そういえば、つみたてNISAで不便だとかんじていることがあります。

 

それは、つみたてNISA口座内でリバランスできない点です。

 

リバランスは大事といわれてるので、やらなきゃなと思うんですけど、今は、つみたてNISA口座内ではスイッチングの仕組みがないので無理ゲーです。

 

特定口座と合わせてうまくやればいいじゃないといわれそうですが、そんな資金力がないっす(泣)

 

おかげさまで、つみたてNISA口座内の比率は、それはもう、ぐちゃぐちゃになってます。

 

もはや、あきらめて目をつぶることにしてます。いつか、スイッチングみたいな制度ができることを祈って、このまま突っ走ろうかと。

 

そんな少し不便なところもありますが、つみたてNISAやっててよかったと思えたこともありました。

 

積立途中、2018年末に大きな下げがあったり、最近ではコロナショック等ありましたが放置して継続してたらプラスでした。

あらためて、この積立という仕組みは、メンタルに関係なく執行されていくので、良いなと感じています。

 

コロナショック真っ只中の時、追加でスポット購入しようかどうか迷って、結局何もできませんでした。その間、積立だけが自動的に執行されていました。

 

積立は心の安定剤ですね。

 

引続き、だらだらと、ゆるーくつみたてNISAをやってきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。